物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

長距離フェリー50年㊤、物流の経路 大きく変化 石油危機で経営環境一転 大型・省エネ化進む

物流企業

2018/03/22 0:00

 50年前の1968年8月、小倉―神戸航路に2隻の大型高速フェリーが日本で初めて就航、物流の経路を大きく変えるきっかけとなり、その後、長距離フェリー航路が瞬く間に全国に張り巡らされた。しかし、それもつかの間、2度にわたる石油ショックや規制緩和、高速道路網の整備など業界を取り巻く経営環境は一転、70年代後半に入り、今度は生き残りのための航路再編を余儀なくされる。そして今、モーダルシフト機運が高まる中、船舶燃料油の硫黄酸化物(SOX)を規制する「2020年問題」が待ち構える。モーダルシフトの担い手とされる長距離フェリー業界の試練は、なおも続く。(高木明)  「過去、フェリー業界の転換期は石油ショックと、需給調整規制を無くした2000年の規制緩和だったのではないか」。東京―徳島―北九州航路を運航するオーシャントランス(東京都中央区)の髙松勝三郎社長は、長距離フェリー業界の50年の歴史をこう振り返る。  先駆けとなった阪九フェリー(小笠原朗社長、北九州市門司区)の試みは5千総トン級のフェリー2隻を配船し、航海距離452キロを14時間で結ぶものだった。これが日本初の長距離カーフェリーとなる。  当時、北九州-阪神の大動脈である国道2号の交通渋滞が激しく、トラック輸送は15、16時間かかり、延着の対応などに苦慮していた。道路の渋滞とは全く無関係に、確実に目的地に到着できる長距離フェリーの出現は、文字通り「海のバイパス」と映った。  阪九フェリーの成功は爆発的な長距離フェリーブームを巻き起こす。就航開始から5年が経過した1973年度には、全18社が23航路に52隻を運航するまでに拡大。この時期、現在の長距離フェリーの基盤がほぼ出来上がり、トラック94万台、乗用車・バス85万台、旅客518万人を運んだ。船舶会社の経営はトラック航送を中心とした貨物収入だけでなく、観光客も呼び込むなど旅客収入との2本柱だった。  70年2月にはダイヤモンドフェリー(現フェリーさんふらわあ、大分市)が神戸-松山-大分航路、8月には阪九フェリーと同じSHKグループの新日本海フェリー(入谷泰生社長、大阪市北区)が小樽(北海道)―敦賀(福井県)―舞鶴(京都府)航路を開設。翌71年3月には日本カーフェリー(現宮崎カーフェリー、宮崎市)が川崎―日向(宮崎県)航路に新造フェリー2隻を投入し、事業を本格化させる。  ただ、「我が世の春」は長くは続かなかった。73年10月、78年12月の石油ショックにより、主燃料のC重油価格が急騰、一転して航路の統廃合の動きが加速する。髙松氏は「阪九フェリーさんの就航時の燃料油価格は6千円(1キロリットル当たり)程度だったが、(石油ショック後には)9倍近い5万円超に跳ね上がり、瞬間的には総コストに占める燃費比率が50%を超えた時もあった」と指摘する。  このように、燃料油価格の高騰が続く中、最初に撤退を余儀なくされたのは、陸上のトラック輸送と競合している航路だった。72年11月の川崎―神戸航路(セントラルフェリー)を皮切りに、79年11月には東京―松阪(三重県)航路(フジフェリー)、82年3月には大阪-広島航路(広島グリーンフェリー)などが相次いで廃止に追い込まれた。  最初のフェリーが就航してから5、6年後には24航路・55隻まで増えたが、17年3月時点では11航路・35隻と縮小している。  なお、阪九フェリーの第1船「フェリー阪九」は5201総トン、速力18.6ノットで、積載能力はトラック80台(大型49、小型31)、乗用車60台、旅客定員1195人。時代が過ぎ、15年1月と4月にリプレース船として北九州―泉大津(大阪府)航路に投入した「いずみ」「ひびき」はともに1万5897総トン、23.5ノットで、トラック277台、東京-松阪(三重県)乗用車188台、旅客定員643人の積載能力を持つ。船舶の大型化・省エネ化が一段と進む。                       ◇    ◇  航海距離300キロ以上の長距離フェリーが就航してから50年。その発展の歴史、現状と課題について連載する。 【写真=小倉ー神戸航路に就航した日本初の長距離フェリー「フェリー阪九】





本紙ピックアップ

特定技能/ 「自動車運送業」追加、職場受け入れ年明けか

 政府は、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」など4職種を追加する方針を打ち出した。3月末までに閣議決定し、新年度に関係省令を公布・施行する予定だが、試験制度の創設や実施に向けた準備に加え、特定技能外国人の在留…

国交省/「型式指定申請」不正防止、有識者検討会を今春設置

 国土交通省は、相次ぐ自動車の型式指定申請の不正に対応するため、有識者などで構成する検討会を設置する方針だ。ダイハツ工業(奥平総一郎社長、大阪府池田市)、豊田自動織機が策定する再発防止策を踏まえ、審査の厳格化や、不正の早…

サンインテルネット、首都圏拡充&関西進出

 サンインテルネット(三田竜平社長、横浜市西区)は、人口が集中する大消費地での生活必需品物流を拡大するため3年以内に首都圏で拠点を増やし、供給体制を強化する。また、EC(電子商取引)物流の拡充に向け、関西圏にも進出する。…

ネスレ日本、中距離帯で鉄道輸送

 ネスレ日本(深谷龍彦社長、神戸市中央区)は日本貨物鉄道(JR貨物)と連携し、静岡県―大阪府での商品の定期貨物鉄道輸送に取り組んでいる。輸送規模は1日200㌧で、両社によると、この規模の中距離帯での定期貨物鉄道輸送は食品…

オススメ記事

特定技能/ 「自動車運送業」追加、職場受け入れ年明けか

 政府は、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」など4職種を追加する方針を打ち出した。3月末までに閣議決定し、新年度に関係省令を公布・施行する予定だが、試験制度の創設や実施に向けた準備に加え、特定技能外国人の在留…

国交省/「型式指定申請」不正防止、有識者検討会を今春設置

 国土交通省は、相次ぐ自動車の型式指定申請の不正に対応するため、有識者などで構成する検討会を設置する方針だ。ダイハツ工業(奥平総一郎社長、大阪府池田市)、豊田自動織機が策定する再発防止策を踏まえ、審査の厳格化や、不正の早…

サンインテルネット、首都圏拡充&関西進出

 サンインテルネット(三田竜平社長、横浜市西区)は、人口が集中する大消費地での生活必需品物流を拡大するため3年以内に首都圏で拠点を増やし、供給体制を強化する。また、EC(電子商取引)物流の拡充に向け、関西圏にも進出する。…

ネスレ日本、中距離帯で鉄道輸送

 ネスレ日本(深谷龍彦社長、神戸市中央区)は日本貨物鉄道(JR貨物)と連携し、静岡県―大阪府での商品の定期貨物鉄道輸送に取り組んでいる。輸送規模は1日200㌧で、両社によると、この規模の中距離帯での定期貨物鉄道輸送は食品…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap