物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

秋田「貨客混載」実証実験、男鹿北ルート開始

物流企業

2018/03/15 0:00

 秋田県で2月から行われている貨客混載の実証実験の第2弾が、3月1日から男鹿北ルートで始まった。貨物事業者の運送コストの低減や乗合バス事業の収支への影響などを検証する。  同県内での実証実験は初めてで、2コースで実施。羽後交通(斎藤善一社長、秋田県横手市)の本荘象潟線(由利本荘市―にかほ市)、秋田中央交通(渡辺綱平社長、秋田市)の男鹿北線(男鹿市内)のバス路線を選定し、ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)、日本郵便(横山邦男社長、千代田区)、佐川急便(荒木秀夫社長、京都市南区)の荷物で行う。既に、2月14日から本荘象潟線(由利本荘市―にかほ市)で実施されており、佐川急便は2月28日までで終了、日本郵便は3月中も継続している。今回の男鹿北線はその第2弾になる。  秋田中央交通の「男鹿みなと市民病院」から「湯本駐在所前」までの約20キロ区間で、所要時間は約1時間。1日から佐川急便の荷物で検証している。  同日の実験では、秋田中央交通の男鹿営業所に荷物を持ち込んだ佐川のドライバーが、午後2時55分に集配車から専用ボックスをバスに運び入れ座席に固定し、その中に荷物を入れて封印。荷物はバスの乗客とともに輸送され、湯本駐在所前に午後4時に到着、佐川のドライバーが引き取った。  佐川急便では男鹿温泉などのある湯本地区で1日2回の配達が必要になる。秋田営業所(秋田市)から荷物を積んで1回目の配達の後、2回目は別のトラックが男鹿市街まで届けるが、その引き取りに戻らなくてはならない。実験では2回目の引き取りを路線バスに代行させる。  佐川急便秋田営業所の奥光政所長は「往復で約2時間の短縮になる。問題が無ければ、実用化を進めたい。実験済みの本荘象潟線は荷物の量が多過ぎ、マッチしないが、別のルートを検討したい」と説明。秋田中央交通の斉藤芳博常務は「この時間帯の便は乗客が少なく、座席にも余裕がある。乗客への影響や事業収支について検証したい」と話した。  なお、男鹿北線ではヤマト運輸も3月中旬から実験に加わる予定となっている。(黒田秀男) 【写真=佐川急便のドライバーが専用ボックスを座席に固定する】





本紙ピックアップ

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

オススメ記事

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap