物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

日本郵便/実証実験、自動運転でゆうパック 労働力不足解消へ

物流企業

2018/03/12 0:00

 日本郵便(JP、横山邦男社長、東京都千代田区)は、自動運転車による郵便物、ゆうパック輸送の実証実験を12日から開始する。東京都の千代田霞が関郵便局から銀座郵便局までの2キロの区間で、16日まで1日片道1回運行する。  労働力不足の解消を目的に、自動運転車の物流分野への活用を実現するため、アイサンテクノロジー(加藤淳社長、名古屋市中区)、ティアフォー(武田一哉社長、中村区)が開発した実験車両(トヨタ・エスティマがベース)を使用。アクセル、ブレーキ、ハンドルなどの操作は自動で、万が一の際に人が運転する「レベル3」で実施。また、損害保険ジャパン日本興亜(西沢敬二社長、東京都新宿区)も安全運行のためのリスクアセスメントで協力する。  JP本社に併設の千代田霞が関局で郵便物などを積み込み、ルート途中の西新橋局でも荷物を積載、銀座局で荷下ろしする。実験を通じて積載・荷下ろしのオペレーション、特性の把握とリスク対策のためのデータを収集。技術のブラッシュアップや一層のリスク対策、導入開始可能時期などの検討材料とする。  自動運転車の実証実験は、労働人口が減り続ける中、「労働力不足を新技術で補う」(丸田達也調達部長)のが目的。ただ、「レベル3では人を減らすことができない」として、導入に当たっては「(完全無人の)レベル4が実用化の条件」としている。  7日にJP本社前で行われた開始セレモニーで、横山社長が「ドライバー不足が深刻化する中、自動運転車、ドローン(小型無人機)、AI(人工知能)、ロボットの導入はもはや夢物語ではない。(今回の実証実験は)『ファーストペンギン』としていち早く飛び出す決意の現れだ」と宣言。総務省情報流通行政局の巻口英司郵政行政部長は「郵便、物流での労働力不足解消に向け、大いに期待している」とエールを送った。出席者によるテープカットの後、実験車両がデモ走行を行った。(田中信也) 【写真=千代田霞が関郵便局から銀座局までの2キロで運行(7日のデモ走行)】





オススメ記事

パスコロジ、茨城で中継輸送拡大

 パスコ・ロジスティクス(神保昌明社長、神奈川県海老名市)は、千葉県野田市の工場から茨城県向けのパン配送で行っている中継輸送のエリアを20日から拡大。これまでの茨城県北部に加え、県南東部の鹿行地域向けも中継輸送化する。ド…

JL連合会、ヒューマンネット活性化

 日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会(JL連合会、迫慎二会長)は14日、総会を開き、事業計画など5議案を承認した。「2024年問題」に直面する年度に入り、人手不足や物価高騰など様々な課題を抱える中、本部・地域…

コクヨサプライロジ、ピックロボ稼働

 コクヨグループの文房具、事務用品の物流を手掛けるコクヨサプライロジスティクス(若林智樹社長、大阪市東成区)は15日、カウネット福岡物流センター(福岡県粕屋町)で、ピッキングを補助するロボットを本格稼働させた。バラ出荷工…

北陸地整局、新潟東港で貨物輸送実証

 北陸地方整備局は14日、黒山駅分岐新潟東港専用線(旧新潟臨海鉄道)の旧藤寄駅で、新潟港に近接する臨港鉄道を活用した海上コンテナの輸送実証を行った。「2024年問題」の影響を踏まえ、港湾周辺の脱炭素化を図るカーボンニュー…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap