物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

東京ユニオン物流、モービルアイで事故防止 車線逸脱を警報で知らせ

物流企業

2018/02/08 0:00

 東京システム運輸ホールディングス(河端常男社長、東京都東大和市)の輸送部門である東京ユニオン物流(川崎和夫社長、武蔵村山市)では衝突防止補助装置「モービルアイ」を装着し、ドライバーの運転をサポートしている。  モービルアイは、車線や歩行者、前方車両などの障害物を画像認識するフロントガラスに取り付ける単眼カメラと、ダッシュボード上のモニター装置で構成。簡単に後付けで装着でき、前方車両や歩行者と衝突しそうになったり、車線を逸脱しそうになったりすると、ドライバーに警報を発する。  東京システム運輸では、立川営業所(同市)と川口営業所(埼玉県川口市)の車両で約3カ月トライアルを行い、導入を決定。最初の1カ月は警報を出さずにデータだけを収集し、その後、機器の機能についてドライバーに説明、乗務時の稼働データを比較した。  運転技能の高いドライバーが多いと自負しているものの、トライアル期間の改善率が、高いもので追突警報64%、歩行者警報72%、左右の車線逸脱61%と5割以上に達した。現在、川口と伊奈平営業所(武蔵村山市)に所属する大型トラック8台と、4㌧トラック1台に装着している。  川崎社長は「モービルアイは、教育の次の段階に導入する機械で、ドライバーの運転や努力をサポートするもの」と強調。「リアルタイムで運転をサポートするには、今までは同乗指導しかなかった。モービルアイ導入で、運転しやすくなったという声もある。疲労など、危険運転につながりかねないことを気付かせてくれる」と話している。 (佐々木健) 【写真=車のフロントガラスに装着したモービルアイ





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap