物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

コピー鈴江コーポ現地合弁、ミャンマーにCFS 月内開業 物流発展へ寄与

物流企業

2018/01/22 0:00

 鈴江コーポレーション(鈴江孝裕代表取締役、横浜市中区)は18日、ミャンマーのコンテナ船社KMAシッピングと設立した現地合弁会社が、ヤンゴン市で1月中にもコンテナフレートステーション(CFS)を開業する、と発表した。  同市内のバゴー川沿岸にあるダゴンセイッカン地区に位置し、ヤンゴン港や日系企業が集積するティラワ工業団地などからは15~20キロメートル圏内。2017年2月から建設を進めてきた。  敷地面積1万8200平方メートル、鉄骨造り平屋建てで、延べ床面積1500平方メートル。3600平方メートルの野積み場・荷さばき地も確保している。  16日には同市内のホテルで竣工式典が開かれ、現地企業や日系企業の関係者200人が出席した。  鈴江コーポでは「国内外で培った物流事業の経験を生かし、今後ますますの経済成長が期待されるミャンマーで、物流機能の発展に寄与していく」としている。(吉田英行) 【写真=ヤンゴン市内のダゴンセイッカン地区に位置】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap