物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

国交省&さいたま市、災害時輸送へ実動訓練 ラストワンマイル 連絡体制を構築 道路寸断想定し空輸

行政

2018/01/15 0:00

 国土交通省とさいたま市は11日、首都直下地震を想定した、プッシュ型の災害時支援物資輸送訓練を実施した。佐川急便(荒木秀夫社長、京都市南区)と埼玉県トラック協会(鳥居伸雄会長)などの協力により、熊本地震で課題となった避難所までの輸送(ラストワンマイル)についての実動・情報伝達訓練のほか、道路交通網が機能しない場合を想定し、陸上自衛隊のヘリコプターによる空輸も行った。(田中信也)  実動訓練は、さいたま市との協定により、災害時など支援物資輸送拠点(同市地域内輸送拠点)に指定されている佐川急便さいたま営業所(さいたま市西区)をベースに、①広域物資拠点から避難所までの一貫したトラック輸送②広域物資拠点から地域内輸送拠点までのヘリコプターによる空輸――のパターンでそれぞれ実施した。  トラック輸送は、災害対策基本法の指定公共機関である全日本トラック協会(坂本克己会長)が手配したトラックが物資供給元から、被災時に埼玉県熊谷市に設置される広域物資拠点まで輸送し、そこで埼ト協による大型トラック(10トン車)に荷物を積み替える――ことを想定。これを受け、大型トラックで運び込まれた支援物資(毛布、紙おむつなど)を下ろし、ベルトコンベヤーで仕分けを行い、佐川急便の配送車(2トン車)4台に積み込んだ。  一方、被災による道路寸断を想定した空輸訓練は、陸上自衛隊のヘリコプターで実施。ヘリコプターで運ばれた物資は陸自隊員から佐川急便のドライバーへの手渡しにより積み下ろされ、10トン車で営業所まで横持ち輸送し、ベルトコンベヤーで2トン車に積み込まれた。  トラックとヘリコプターへの物資の積み込みが完了した後は、避難所を想定した広域備蓄倉庫まで2トン車が配送した。  訓練を視察した国交省の重田雅史物流審議官は「避難所まで物資が届き切らなかった熊本地震での反省を踏まえ、ラストワンマイルでの情報・供給の連絡体制を構築するのが今回の目的。全国で年間数億個の個配を行っている『物流のプロ』である佐川急便と関係機関の連携により、効率的に行えることが確認でき、実りの多い訓練だった」と講評。  その上で、「今回はプッシュ型輸送を想定して行ったが、被災から2週間程度経過すると、避難所ごとに物資のニーズが異なってくる。今後の訓練では、個別のニーズを的確に踏まえたデマンド型輸送へレベルを上げたい」との見解を述べた。 【写真=ヘリで運ばれた物資を陸自隊員から佐川急便のドライバーへ手渡し】





本紙ピックアップ

アイリンク、市電停留場に副名称

 アイ・リンク(本間勝行社長、札幌市白石区)は、札幌市の路面電車(市電)の停留場に副名称を付けるネーミングライツを獲得し、「山鼻19条」停留場に、同社の保育園「あいりんく保育園 やまはな園」の名前を付けた。4月から駅名標…

ナカシマHD/来月、2社グループ化

ナカシマホールディングス(中島祥輔社主、東京都江戸川区)は6月1日をメドに2社(梅田運輸倉庫、佐藤商事)をグループ化する。これに伴い事業エリアが東北などにも広がり、顧客の要請に応える態勢を一段と強化。新たな投資先である両…

丸亀急配、物流センターを増床

 丸亀急配(中野昌一社長、香川県丸亀市)は9日、キリンビバレッジ丸亀物流センター(同市)増床工事の竣工式と祝賀会を開いた。同物流センターはこれまで、道を挟んで立地する土器南倉庫と土器第2倉庫で構成していたが、南倉庫と同じ…

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

オススメ記事

アイリンク、市電停留場に副名称

 アイ・リンク(本間勝行社長、札幌市白石区)は、札幌市の路面電車(市電)の停留場に副名称を付けるネーミングライツを獲得し、「山鼻19条」停留場に、同社の保育園「あいりんく保育園 やまはな園」の名前を付けた。4月から駅名標…

ナカシマHD/来月、2社グループ化

ナカシマホールディングス(中島祥輔社主、東京都江戸川区)は6月1日をメドに2社(梅田運輸倉庫、佐藤商事)をグループ化する。これに伴い事業エリアが東北などにも広がり、顧客の要請に応える態勢を一段と強化。新たな投資先である両…

丸亀急配、物流センターを増床

 丸亀急配(中野昌一社長、香川県丸亀市)は9日、キリンビバレッジ丸亀物流センター(同市)増床工事の竣工式と祝賀会を開いた。同物流センターはこれまで、道を挟んで立地する土器南倉庫と土器第2倉庫で構成していたが、南倉庫と同じ…

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap