物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

アサヒ、横浜緑物流センター開設 3温度帯対応 大手コンビニ向け 年明け順次稼働

物流企業

2017/12/11 0:00

 アサヒロジスティクス(横塚元樹社長、さいたま市大宮区)は、3温度帯対応の横浜緑物流センター(横浜市緑区)を2018年1月から順次稼働させる。常温(ドライ)、冷蔵(チルド)、冷凍(フローズン)を一つの施設で取り扱い、大手コンビニエンスストアチェーン向けの物流センター運営、配送業務を担当する。(小瀬川厚)  住友商事のマルチテナント(複数企業入居)型物流施設「SOSiLA」の1フロアを全面使用する。床面積1万8千平方メートルの施設に、ドライ1万1千平方メートル、チルド3700平方メートル、フローズン2500平方メートルのスペースを確保。チルド・フローズン施設には大型車対応を含めたドックシェルター計44基を備えるほか、ドライスペースにも33台分のトラックバースを持つ。また、パレット洗浄装置や休憩室などを設け、従業員の労働環境の改善にも取り組む。  第三京浜道路・港北インターチェンジ(IC)から5キロ、東名高速道路・横浜青葉ICも6キロと近く、同横浜町田ICも利用可能な距離に立地。JR横浜線・中山駅からは徒歩圏内で、バス便もあるため、センターで働くスタッフのアクセスにも恵まれている。  ドライ部門は雑貨や加工食品、菓子、酒など2千アイテムを扱い、横浜市や横須賀市、東京都の一部など約350店舗のコンビニ向け配送を行う。庫内のラックは1600~1800パレットを収容可能。チルドは東京都の城南エリアを中心に600店舗を担当し、フローズンも同様に500店舗の運営・配送を担う。3温度帯を合わせ4千アイテムを取り扱い、各温度帯の部門は1月から3月にかけて、順次稼働させる。  70台余りの自社車両と協力会社4社合わせ配送車両は155台体制でスタート。同センターで働くスタッフは、ドライバーも含め500人程となり、協力会社を合わせると600人を超える。 【写真=マルチテナント型施設に入居】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap