物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

川合運輸、正しいタイヤ知識学ぶ 脱着方法&点検手順

物流企業

2017/11/02 0:00

 【福島】川合運輸(川合幸治社長、福島県須賀川市)は10月21日、安全講習会を開き、正しいタイヤの脱着方法や点検手順などを学んだ。冬用タイヤへの履き替え時期に合わせ、正確な知識を習得して車両事故やトラブルを未然に防ぐのが目的。西営業所(同)のドライバー20人が参加した。  ダンロップタイヤ東北福島支店のスタッフの協力を得て、空気圧の適正な調整に関する座学と、脱着について実技指導を行った。  座学では、空気圧不足や過多による偏摩耗の発生で、損傷やバーストの危険性が増してしまうことを強調。また、空気圧が低下すると燃費性能が下がり、使用寿命も短くなりコスト負担の増加につながることを指摘し、注意を呼び掛けた。  脱着実技では、初めに大型車前輪のナット10本のうち、緩みのある1本を点検ハンマーを使って見つける作業に全員がチャレンジした。その後、規定トルクに達しているかどうか、専用機器を使って締め具合を1本ずつチェックし、ドライバーの判断との違いを確認した。  また、空気圧不足のタイヤをハンマーの打音で聞き分ける作業にも挑んだ。特に、新品や溝が大きいタイヤの場合は、中央部ではなく端部分をたたいて確認すると分かりやすいことを指導。更に、空気圧の自然低下に気づかないことが多いことから、運行前点検の実施と運行途中でのチェックの徹底を促した。  同社では、全社員参加による安全大会に加え、荷役事故防止や健康チェックなどのテーマを決めて拠点ごとの講習会や勉強会を開き、安全運行に向けた意識高揚に努めている。(富田久男) 【写真=点検ハンマーを使って緩んだナットを探すドライバー】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap