物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

滋賀近交運輸倉庫、中継輸送エリア拡大 年内メド 東北―北陸―関西で トレーラ100台増車へ

物流企業

2017/10/26 0:00

 滋賀近交運輸倉庫グループ(山田普会長、滋賀県長浜市)は年内をメドに、東北―北陸―関西で中継輸送を開始する。10月から関西―関東、関東―東北が本稼働しており、対象エリアを広げ、中継輸送による全国配送ネットワークの完成を目指す。荷主企業や協力会社にも参加を呼び掛け、将来的には、荷物の種類や方面といったデータを基に、最適な組み合わせを自動的に算出できる仕組みも構築する考えだ。(落合涼二)  ドライバーの長時間労働抑制及びコンプライアンス(法令順守)経営を徹底させるため、3年前から少しずつ環境を整備し、本格化にこぎ着けた。最大積載量26トンのウィング車と全開放型のオープンスライダーを開発するとともに、片道200~250キロメートルを一つの圏内に設定。全国に50拠点を持つ強みを生かし、ドライバー不足に伴う輸送能力減退や過労などを防ぐことで、差別化を打ち出す。  関西―関東は、静岡県掛川市に中継基地を設けた。関西及び関東から出発してトレーラを交換し、それぞれの拠点に戻る。発地では、積み込み専用のドライバーを設け、トレーラのドライバーは走行に特化。これにより、改善基準告示で定められている1日原則13時間の拘束時間をクリアする。その日のうちに自宅へ帰れるため、ドライバーや家族の満足度向上にもつながっている。  「積み込み時間を無くせば拘束時間を減らすことが可能。トレーラ2台を、走行ドライバー2人、積み込みドライバー1人の計3人で運用している。台数が増えれば、もっと効率は上がる」(山田会長)  13トン積みの大型トラックを26トン積みトレーラにすることで、1運行による積載量は倍増。燃料消費量はアップするが、運行台数を減らせるため、試算では二酸化炭素(CO2)排出量が34%削減、高速道路通行料金もETC(自動料金収受システム)割引適用前で12%削減を見込む。労働環境改善とコンプライアンス徹底だけでなく、二次的な効果が生まれ、荷主企業への貢献にも役立っているという。  東北―北陸―関西では、新潟県燕市に拠点を確保。冬季の積雪も考え、トレーラが施設内まで直接乗り入れられる仕様となっており、簡易事務所とインタンクも設ける予定。福井県と富山県にも拠点を構えることで、関西ルートを確立させる。仙台市から北海道苫小牧市へ鉄道輸送で運んでいる荷物についても、岩手県花巻市周辺に拠点を置き、トラック輸送へのシフトを検討する。  中継輸送を本格化するに当たっては、情報管理・運営会社、日本ニューロジックス(山田社長、長浜市)を2016年9月1日付で設立した。17年5月に第一種貨物利用運送事業の登録を終えており、取引先7社と提携。今後、提携先の拡大をはじめ、同業他社にも参画を求める一方、滋賀近交運輸倉庫グループも加わることにより、取引の透明化や公正化を図る。  山田会長は「日本海ルートは太平洋ルートに比べ時間が短くて済む。専用トレーラは現在、100台が運行中だが、最大200台まで増やす。そうすることで、運行ルートにバリエーションが生まれる。一方、マンパワーでの配車には限界があるので、自動化にも着手する。トラック、ドライバー、荷物、それぞれの準備を同時に進め、荷主企業に最適な物流を提供し、地域社会にも貢献していきたい」と話している。 【写真=最大積載量26トンのオープンスライダー型トレーラを最大200台まで増やす】





本紙ピックアップ

特定技能「自動車運送」追加、研修・生活支援高コスト?

 政府は、外国人在留資格の「特定技能」の基本方針などを一部変更し、バス、タクシー、トラックの3職種で構成する「自動車運送業」など4分野の追加を正式決定した。5年間で3職種を合わせ2万4500人の受け入れを見込むが、特定技…

運輸労連/労使懇、持続可能な物流へ連携

 運輸労連加盟の大手物流事業者の労使による懇談会(全国単組労使懇談会)が12日、東京都で開催された。トラックドライバーの時間外労働上限規制が適用され、物流の持続可能性が最大課題となる中、労使が連携して課題解決に取り組んで…

アイオイシステム、物流DXをコーディネート

 アイオイ・システム(吉野豊社長、東京都品川区)は2024年度、TOPPANグループのシナジーにより、正確なピッキングを支援するデジタル表示器やプロジェクターの販売にとどまらず、WMS(倉庫管理システム)の開発や各種情報…

岡山県貨物運送、岡山・津山にセンター

 岡山県貨物運送は11日、久米産業団地(岡山県津山市)に建設していた津山主管支店(平田成実支店長)の新事務所・物流センターの竣工式を行った。5月7日から本格的に営業を開始する。給食配送など地域密着型の物流サービスで貢献す…

オススメ記事

特定技能「自動車運送」追加、研修・生活支援高コスト?

 政府は、外国人在留資格の「特定技能」の基本方針などを一部変更し、バス、タクシー、トラックの3職種で構成する「自動車運送業」など4分野の追加を正式決定した。5年間で3職種を合わせ2万4500人の受け入れを見込むが、特定技…

運輸労連/労使懇、持続可能な物流へ連携

 運輸労連加盟の大手物流事業者の労使による懇談会(全国単組労使懇談会)が12日、東京都で開催された。トラックドライバーの時間外労働上限規制が適用され、物流の持続可能性が最大課題となる中、労使が連携して課題解決に取り組んで…

アイオイシステム、物流DXをコーディネート

 アイオイ・システム(吉野豊社長、東京都品川区)は2024年度、TOPPANグループのシナジーにより、正確なピッキングを支援するデジタル表示器やプロジェクターの販売にとどまらず、WMS(倉庫管理システム)の開発や各種情報…

岡山県貨物運送、岡山・津山にセンター

 岡山県貨物運送は11日、久米産業団地(岡山県津山市)に建設していた津山主管支店(平田成実支店長)の新事務所・物流センターの竣工式を行った。5月7日から本格的に営業を開始する。給食配送など地域密着型の物流サービスで貢献す…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap