物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

中部運局など、トラガールと「女子会」 乗車体験会で就業後押し 「業界は厳しいだけじゃない」

行政

2017/10/23 0:00

 【愛知】中部運輸局は9日、中部トラック協会(小幡鋹伸会長)と中部ブロック青年部協議会(伊藤将志代表幹事)、愛知労働局とともに、中部トラック総合研修センター(愛知県みよし市)で女性限定のトラック乗車体験会を共催した。愛知、岐阜、三重の各県から22人が参加。10社から11人のトラガールが協力した。乗車体験の後は男子禁制の女子会(座談会)で実際の職場環境やトラックの魅力を語り合い、盛り上がるなど、女性の業界進出を強力に後押しした。(梅本誠治)  伊藤代表幹事が「我々の業界は日本経済を支える全ての産業に関わっており、車種は軽トラックからトレーラまで様々。女性の活躍も日々増えているので、今日はいろいろな車種に試乗して、就業について考える有意義な時間にしてもらいたい」とあいさつ。  会場には愛知、静岡から中型、大型各3台、トレーラヘッド2台、石油ローリー、キャリアカー、21メートルフルトレーラ各1台の11台が集結。ウィングの開閉操作や、キャリアカーに乗用車を積載するデモンストレーション、トラガールとの同乗体験に活用した。  乗車体験は3班に分かれ、研修センターの乗用車を使ってスリップゾーンでの急ブレーキ体験を行った。また、車両見学では、それぞれのトラックに乗るトラガールが車両の特徴や運転の注意点などを説明。運転体験では研修センターの教習車両を用い、インストラクターが同乗して所有免許に応じたサイズのトラックでコースを回った。  トラガールとの「女子会」では、お茶やお菓子を用意し、愛知県トラック協会青年部会(西影篤範部会長)の細江良枝副部会長がコーディネーターとなって進行。参加者からは「どんな性格の人が多いか」「女性ドライバーとして困ったことは」などの質問が寄せられ、それぞれ「サバサバした人が多い」「トイレ関係は、男女共用で嫌な思いをしたことがある」といった感想が上がった。  また、仕事と家庭の両立や、男性社会での立ち位置などの心配、景気変動による仕事の増減、事故を起こした際の査定など、多くの疑問が出た。  このほか、ざっくばらんに話し合い、将来的に運行管理者などへステップアップする可能性も示唆。その上で「女性として嫌な思いをすることがある一方、多くの人の助けもあり、厳しいだけの業界じゃない」とした。  西影部会長は「今日の体験会が、女性にとって少しでもトラック業界のイメージアップにつながり、就業先の候補として目を向けてもらえればありがたい。我々も、女性が働きやすい職場づくりを日々目指しているので、一人でも多くの人が業界の門を叩いてくれることを願っている」と締めくくった。 【写真=男子禁制の女子会(座談会)で実際の職場環境やトラックの魅力を語り合う】





本紙ピックアップ

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

自民物流調査会、24年問題「解消不十分」

 トラック運送業務への時間外労働上限規制のスタートから1カ月が経過したが、適正運賃収受や、荷主都合による長時間の荷待ちの解消といった課題の解消が十分とは言えない──。こうした運送事業者などの声を受け、自民党の物流調査会(…

陸運大手9社/前期、5社が最終減益

 陸運大手の2024年3月期連結決算が出そろい、売上高1500億円以上の9社のうち、4社が前の期比で増収増益だった一方、5社が最終減益だった。物価高の上昇で個人消費が伸びず、宅配貨物や特別積み合せ貨物の荷動きが振るわなか…

全流協、会長にヤマト運輸・小菅氏

 全国物流ネットワーク協会(森日出男会長)は15日、社員総会を開催し、2024年度の事業計画を決定した。任期満了に伴う理事の選任では5人が新たに就き、その後の理事会で会長に小菅泰治氏(62、ヤマト運輸)を選出。副会長は日…

オススメ記事

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

自民物流調査会、24年問題「解消不十分」

 トラック運送業務への時間外労働上限規制のスタートから1カ月が経過したが、適正運賃収受や、荷主都合による長時間の荷待ちの解消といった課題の解消が十分とは言えない──。こうした運送事業者などの声を受け、自民党の物流調査会(…

陸運大手9社/前期、5社が最終減益

 陸運大手の2024年3月期連結決算が出そろい、売上高1500億円以上の9社のうち、4社が前の期比で増収増益だった一方、5社が最終減益だった。物価高の上昇で個人消費が伸びず、宅配貨物や特別積み合せ貨物の荷動きが振るわなか…

全流協、会長にヤマト運輸・小菅氏

 全国物流ネットワーク協会(森日出男会長)は15日、社員総会を開催し、2024年度の事業計画を決定した。任期満了に伴う理事の選任では5人が新たに就き、その後の理事会で会長に小菅泰治氏(62、ヤマト運輸)を選出。副会長は日…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap