物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

福通、25メートルフルトレ運行開始 まずは名古屋―静岡・裾野 省人化&生産性向上

物流企業

2017/10/19 0:00

 福山通運は16日、国内初となる全長25メートルのダブル連結トラック(フルトレーラ)の運行を開始した。当面、名古屋支店(愛知県北名古屋市)-裾野営業所(静岡県裾野市)を結ぶ幹線運行便に使用し、今回の運行開始を機に、省人化や生産性向上に向けた取り組みを加速させる。同日、名古屋支店で行われた出発式で、小丸成洋社長は「車両の大型化による省人化はもとより、生産性を大幅に向上させることが可能だ。引き続き、運行ルートの拡大を含め、全200台(セット)体制での運用を視野に入れる」と語った。(高木明)  25メートルフルトレ-ラは、いすゞ自動車と日本トレクス(西川柳一郎社長、愛知県豊川市)の協力を得ながら共同開発した。積載容積は大型トラック(58.6立方メートル)と比べて2.1倍の126.1立方メートル。現在、国土交通省が行い、福通が参画しているダブル連結トラック実証実験では、21メートルフルトレ-ラ(103.8立方メートル)を使っており、更に17%増の積載容積を確保した。  運行区間は名古屋支店-裾野営業所の約270キロで、片道約4時間30分かけて1日1往復する。上り便は名古屋支店を出発し、名神高速道と東名高速道の結節点である小牧インターチェンジ(IC)から乗り入れ、東名高速道・裾野ICで降り、連結トレーラ部分を裾野営業所で切り離し、ヘッド部分は相模原支店(相模原市南区)に向かい、荷物を下ろす。下り便は相模原支店を出発し、裾野営業所で後方部分を連結し、名古屋支店に戻る。  福通は「輸送力の安定的な確保」といった観点から輸送モードの多様化を推進。現在、主力は大型トラック(単車)だが、セミトレーラ(71.8立方メートル)を1日当たり160便程度運行しているほか、鉄道コンテナ輸送を中心に、海運、航空機も利用している。中でも、鉄道輸送は専用列車「福山レールエクスプレス号」を東京-大阪、東京-岡山・福山、名古屋-北九州・福岡の3区間で運行しており、3線区合計の輸送能力は大型トラック220台分に及ぶ。  出発式後の会見で、小丸氏は「少子高齢化が進む中、特に、長距離輸送に従事するドライバーの不足感が強い」と言及。その上で、25メートルフルトレについて、「業界に先駆けて運行を始めることができた。今後の幹線輸送の選択肢の一つとなる。特殊車両の運行はハードルが高いが、200台体制での運用を視野に入れながら体制整備を図っていきたい」と語った  業界大手では、既に日本梱包運輸倉庫(大岡誠司社長、東京都中央区)が21メートルフルトレを100台(セット)体制で運用しているほか、ヤマト運輸(長尾裕社長、同)でも年内をメドに、東京-名古屋-大阪で25メートルフルトレの運行を開始する予定だ。 【写真=運行区間は名古屋支店-裾野営業所の約270キロ】





本紙ピックアップ

T2/自動運転トラック幹線輸送サービス、沼津-浜松でレベル2実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)は、2025年7月の自動運転トラックを用いた幹線輸送サービスの開始を目指し、新東名高速道路・駿河湾沼津サービスエリア(SA)―浜松SAでレベル2(特定条件下で…

アルプスウェイ、オリジナルキャラ「らん」を8台に施工

 アルプスウェイ(田村裕章社長、長野県松本市)は新たにオリジナルキャラクター「らん」を車両のボディーに施した。3日に披露したもので、同市出身で米アカデミー視覚効果賞を受賞した映画監督、山崎貴氏によるデザイン。松本センター…

能登地震/初動対応検証、物流業者と連携促進

 政府が10日開催した能登半島地震の復旧・復興支援本部(岸田文雄本部長、首相)で、関係省庁からなる初動対応の検証チームが検証結果を報告した。物資調達に関しては、ラストマイルまで被災者が希望する物資が届かなかったといった声…

コア、各種点呼をひとまとめに

 ソーシャル・ソリューションメーカーを企業理念に掲げるコアは、対面、電話、遠隔、IT(情報技術)、業務後自動点呼をひとまとめにし、一つのライセンスで提供するクラウドシステムで運送事業者の負担軽減、業務効率の向上に貢献して…

オススメ記事

T2/自動運転トラック幹線輸送サービス、沼津-浜松でレベル2実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)は、2025年7月の自動運転トラックを用いた幹線輸送サービスの開始を目指し、新東名高速道路・駿河湾沼津サービスエリア(SA)―浜松SAでレベル2(特定条件下で…

アルプスウェイ、オリジナルキャラ「らん」を8台に施工

 アルプスウェイ(田村裕章社長、長野県松本市)は新たにオリジナルキャラクター「らん」を車両のボディーに施した。3日に披露したもので、同市出身で米アカデミー視覚効果賞を受賞した映画監督、山崎貴氏によるデザイン。松本センター…

能登地震/初動対応検証、物流業者と連携促進

 政府が10日開催した能登半島地震の復旧・復興支援本部(岸田文雄本部長、首相)で、関係省庁からなる初動対応の検証チームが検証結果を報告した。物資調達に関しては、ラストマイルまで被災者が希望する物資が届かなかったといった声…

コア、各種点呼をひとまとめに

 ソーシャル・ソリューションメーカーを企業理念に掲げるコアは、対面、電話、遠隔、IT(情報技術)、業務後自動点呼をひとまとめにし、一つのライセンスで提供するクラウドシステムで運送事業者の負担軽減、業務効率の向上に貢献して…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap