物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

センコン物流、農業6次産業化めざす、規格外の産直品販売 仙台にモデル店舗を開設

物流企業

2017/10/16 0:00

 センコン物流は農業ビジネスを強化している。5日には、グループ会社のG・Fジャパン(久保田晴夫社長、宮城県名取市)が「こだわり市場」の店舗を仙台市内にオープンし、全国から産地直送された青果物や水産物、コメなどの販売を開始した。生産から集荷、販売までを手掛ける農業の6次産業化を具現化するモデル店舗で、本業の物流を持つ強みを生かし、全国展開を目指す。(黒田秀男)  生産者にも目を向けた流通を――。農産物の流通で、生産農家にとって大きな問題は「規格外」の農産物だ。一般的に市場で流通する商品にはサイズや形状などに規格があり、規格外は品質に関係無く廃棄処分となる。その量は生産物の4割とも言われている。農家にとっては収入が不安定となり、選別に費やす労力も必要となる。また、流通に伴う物流コストもネックになっている。  G・Fジャパンでは、こうした課題を解消する農業の6次産業化に取り組んでいる。全国の生産農家に対して「全量買い取り」の委託生産契約を結び、農家が安心して生産に専念できる体制をつくり、本業の物流を生かして商品を集め、店舗などで販売。宅配やネット販売も行う計画で、生産から仕入れ、物流、販売までの新しい一貫流通システムの構築を目指す。  こだわり市場は仙台市太白区柳生に第1号店として開業。同事業のパイロット的な店舗でもある。地元ホームセンターの敷地の一角を借り受け、売り場面積580平方メートルの店舗を設けた。産地直送として全国の野菜や果物、コメ、水産物などを新鮮な状態で販売。長さや形、見栄えなどで規格外となる商品を数多く取りそろえ、格安価格で提供。一般消費者だけでなく、飲食店などの業務用にも販売している。  同日は屋外イベントも行われ、大勢の買い物客が詰め掛け、新鮮で格安の野菜や果物を購入していた。  本紙の取材に対して、センコン物流の会長を務める久保田社長は「生産農家にも目を向けた流通を目指す。過疎化が進む中で、生産農家が安定収入を確保できれば、後継者が育ち、農業振興が進み、ひいては地域の活性化にもつながる。本業の物流を生かし、生産者も消費者も満足できる仕組みをつくりたい」と語った 【写真=仙台市にオープンした産地直送「こだわり市場」の第1号店】





オススメ記事

パスコロジ、茨城で中継輸送拡大

 パスコ・ロジスティクス(神保昌明社長、神奈川県海老名市)は、千葉県野田市の工場から茨城県向けのパン配送で行っている中継輸送のエリアを20日から拡大。これまでの茨城県北部に加え、県南東部の鹿行地域向けも中継輸送化する。ド…

JL連合会、ヒューマンネット活性化

 日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会(JL連合会、迫慎二会長)は14日、総会を開き、事業計画など5議案を承認した。「2024年問題」に直面する年度に入り、人手不足や物価高騰など様々な課題を抱える中、本部・地域…

コクヨサプライロジ、ピックロボ稼働

 コクヨグループの文房具、事務用品の物流を手掛けるコクヨサプライロジスティクス(若林智樹社長、大阪市東成区)は15日、カウネット福岡物流センター(福岡県粕屋町)で、ピッキングを補助するロボットを本格稼働させた。バラ出荷工…

北陸地整局、新潟東港で貨物輸送実証

 北陸地方整備局は14日、黒山駅分岐新潟東港専用線(旧新潟臨海鉄道)の旧藤寄駅で、新潟港に近接する臨港鉄道を活用した海上コンテナの輸送実証を行った。「2024年問題」の影響を踏まえ、港湾周辺の脱炭素化を図るカーボンニュー…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap