物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

輸出コンテナ総重量計測、申告電子化を検討 対象項目選別へ調査 国際動向踏まえ整備

行政

2017/10/16 0:00

 国土交通省は11日、輸出コンテナ総重量の計測方法の品質強化や電子データによる総重量の申告を検討するための有識者会議を立ち上げた。まずは2017年中に、搬入票に記載する情報などについて実態を調査。海外では総重量の申告の電子化が一般的であるとともに、計測の基準を日本よりも厳しく設定している国もあることから、国際的な動向を踏まえて環境整備を図り、コンテナ輸送の安全性向上につなげる。18年6月の取りまとめを目指す。(土屋太朗)  同日、「国際海上輸出コンテナの安定的な輸送に必要な重量確定・情報伝達等のあり方に係る検討会」(岡泰資座長、横浜国立大学大学院准教授)の初会合を開き、今後の検討方針などを示した。  輸出コンテナ総重量の誤申告による荷崩れ事故の防止を目的に、16年7月、輸出コンテナ総重量の確実な計測を求める改正SOLAS条約が発効。荷主やフォワーダーなどの荷送り人は決められた方法で総重量を計測し、船長やターミナル代表者へ情報提供することが義務化された。船長などに情報提供されなかった場合は、コンテナの船積みが禁止される。  計測方法は、実入りコンテナを決められた計量器で測るやり方と、コンテナとコンテナ内の貨物を個別に計量し、合計して割り出す方法の2通り。実入りコンテナを測る計量器は、ターミナルでの設置場所が限られてしまうことなどから、日本ではコンテナと貨物を足し合わせる方法が多く採用されている。  検討会では、改正条約の発効から1年以上経過したことを受け、国際動向を踏まえつつ、コンテナ輸送の更なる安定輸送に向けた環境づくりを目指す。  例えば、日本では確定した総重量を船長などに伝える際、紙による「搬入票」を使うケースがほとんど。一方、諸外国では電子データの活用が主流だ。貨物を積み替えるトランシップの場合など、こうした手法の違いで情報共有が図りづらくなっている。  このため、検討会では、まず関係者へのアンケートやヒアリングを通じて、搬入票に記載する情報などについて調査。今後、電子化を普及させていく場合、どの項目を対象にするか――などの参考にする。  また、総重量の計測に関して厳しい品質基準を設けている国もあることから、荷送り人に高品質な計測を促すような仕組みの構築も検討。現在、同省のホームページで公表している荷送り人の情報については、公表項目の拡大なども視野に入れる。  なお、9月末時点で、総重量を自ら確定する荷送り人は3659者。荷送り人から委託を受けて計測する登録確定事業者は1443者いる。登録確定事業者は3年ごとに更新を受ける必要があるため、同省は初回更新のピークを迎える19年4~6月までには、環境整備を図りたい考えだ。 【写真=18年6月の取りまとめを目指す】





本紙ピックアップ

アイリンク、市電停留場に副名称

 アイ・リンク(本間勝行社長、札幌市白石区)は、札幌市の路面電車(市電)の停留場に副名称を付けるネーミングライツを獲得し、「山鼻19条」停留場に、同社の保育園「あいりんく保育園 やまはな園」の名前を付けた。4月から駅名標…

ナカシマHD/来月、2社グループ化

ナカシマホールディングス(中島祥輔社主、東京都江戸川区)は6月1日をメドに2社(梅田運輸倉庫、佐藤商事)をグループ化する。これに伴い事業エリアが東北などにも広がり、顧客の要請に応える態勢を一段と強化。新たな投資先である両…

丸亀急配、物流センターを増床

 丸亀急配(中野昌一社長、香川県丸亀市)は9日、キリンビバレッジ丸亀物流センター(同市)増床工事の竣工式と祝賀会を開いた。同物流センターはこれまで、道を挟んで立地する土器南倉庫と土器第2倉庫で構成していたが、南倉庫と同じ…

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

オススメ記事

アイリンク、市電停留場に副名称

 アイ・リンク(本間勝行社長、札幌市白石区)は、札幌市の路面電車(市電)の停留場に副名称を付けるネーミングライツを獲得し、「山鼻19条」停留場に、同社の保育園「あいりんく保育園 やまはな園」の名前を付けた。4月から駅名標…

ナカシマHD/来月、2社グループ化

ナカシマホールディングス(中島祥輔社主、東京都江戸川区)は6月1日をメドに2社(梅田運輸倉庫、佐藤商事)をグループ化する。これに伴い事業エリアが東北などにも広がり、顧客の要請に応える態勢を一段と強化。新たな投資先である両…

丸亀急配、物流センターを増床

 丸亀急配(中野昌一社長、香川県丸亀市)は9日、キリンビバレッジ丸亀物流センター(同市)増床工事の竣工式と祝賀会を開いた。同物流センターはこれまで、道を挟んで立地する土器南倉庫と土器第2倉庫で構成していたが、南倉庫と同じ…

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap