物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

ASMトランスポート、ラップトラ導入しGマークPR 業界の地位向上へ

物流企業

2017/09/28 0:00

 【山形】エイエスエムトランスポート(工藤亜紀子社長、山形県酒田市)は山形県トラック協会の要請を受け、安全性優良事業所認定(Gマーク)制度の認知度を高めるため、ラッピングトラックを9月5日から走行させている。  山形ト協では既に、内陸(熊沢貞二支部長)、置賜(武田良宏支部長)の両支部の会員に同ラップトラを導入しており、今回は庄内支部の会員からASMを選んだ。ラッピングは4トントラックに施した=写真。  花き輸送用の車両で、主に庄内地区から関東や関西方面への輸送に使用。運転は若手ドライバーが担当し、9月の彼岸の時期にはフル稼働で走行、Gマークをアピールした。  同社は、社是の一つに「無事故 無違反 プロの自覚」を掲げ、法令順守の徹底や交通事故・労働災害の防止に全社を挙げて取り組んでいる。Gマークは2006年に取得し、継続中。17年は更新の時期に当たるが、適正化事業実施機関による5月の巡回指導では指摘事項がゼロ(満点の評価)だったという。  工藤社長は「Gマーク制度の認知度が高まり、業界の社会的地位の向上につながればうれしい。庄内地区の1台に選ばれて光栄であり、誇りでもある。安全・安心なGマークの普及に向け、精一杯に取り組む。プロの運転で一般車両の模範となり、安全運転に努めたい」と話している。(黒田秀男)





オススメ記事

パスコロジ、茨城で中継輸送拡大

 パスコ・ロジスティクス(神保昌明社長、神奈川県海老名市)は、千葉県野田市の工場から茨城県向けのパン配送で行っている中継輸送のエリアを20日から拡大。これまでの茨城県北部に加え、県南東部の鹿行地域向けも中継輸送化する。ド…

JL連合会、ヒューマンネット活性化

 日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会(JL連合会、迫慎二会長)は14日、総会を開き、事業計画など5議案を承認した。「2024年問題」に直面する年度に入り、人手不足や物価高騰など様々な課題を抱える中、本部・地域…

コクヨサプライロジ、ピックロボ稼働

 コクヨグループの文房具、事務用品の物流を手掛けるコクヨサプライロジスティクス(若林智樹社長、大阪市東成区)は15日、カウネット福岡物流センター(福岡県粕屋町)で、ピッキングを補助するロボットを本格稼働させた。バラ出荷工…

北陸地整局、新潟東港で貨物輸送実証

 北陸地方整備局は14日、黒山駅分岐新潟東港専用線(旧新潟臨海鉄道)の旧藤寄駅で、新潟港に近接する臨港鉄道を活用した海上コンテナの輸送実証を行った。「2024年問題」の影響を踏まえ、港湾周辺の脱炭素化を図るカーボンニュー…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap