物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

厚労省労政審分科会、労基法改正案が議論再開 残業上限規制を一本化

行政

2017/09/04 0:00

 厚生労働省は8月30日、労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の分科会を開き、労働基準法改正案の議論を再開した。2015年の提出後、継続審議となっていた同法改正案は、中小企業の時間外労働時間の割増賃金率引き上げや高度プロフェショナル(脱時間給)制度の導入で構成されていたが、同省は残業上限規制もまとめて法案化する方針を提示。9月末にも召集する臨時国会での法案提出を目指すが、労働者側は法案の一本化に反対を表明している。(土屋太朗)  改正案は長時間労働の抑制が大きな柱。中小企業における月60時間超の残業への割増賃金率を、現行の2倍となる50%にする。更に、10日以上の年次有給休暇を持つ労働者に対し、5日分は労働者の希望を踏まえて指定。有休を確実に取得できるようにする。  中小企業の割増賃金率アップは当初、19年4月のスタートを予定していた。ただ、法案には高収入の専門職に対し、時間でなく成果で評価する「高度プロフェショナル制度」なども盛り込んでいたため野党が反発し、成立が見送られていた。  今回議論する改正案には、政府が17年3月にまとめた「働き方改革実行計画」で示した残業時間の上限規制を、継続審議となった改正案に加える方針。トラック運転者は、施行5年後に月80時間(年960時間)以内、将来的には月60時間(年720時間)以内となる。  ただ、労働者側は依然として高度プロフェショナル制度への抵抗から、一本化には反対しており、提出されたとしても成立するかは不透明。割増賃金率アップの施行期日も、法案成立が遅れていることから、当初予定していた19年4月は難しく、分科会での検討課題となる見通しだ。 【写真=改正案は長時間労働の抑制が大きな柱】





本紙ピックアップ

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

自民物流調査会、24年問題「解消不十分」

 トラック運送業務への時間外労働上限規制のスタートから1カ月が経過したが、適正運賃収受や、荷主都合による長時間の荷待ちの解消といった課題の解消が十分とは言えない──。こうした運送事業者などの声を受け、自民党の物流調査会(…

陸運大手9社/前期、5社が最終減益

 陸運大手の2024年3月期連結決算が出そろい、売上高1500億円以上の9社のうち、4社が前の期比で増収増益だった一方、5社が最終減益だった。物価高の上昇で個人消費が伸びず、宅配貨物や特別積み合せ貨物の荷動きが振るわなか…

全流協、会長にヤマト運輸・小菅氏

 全国物流ネットワーク協会(森日出男会長)は15日、社員総会を開催し、2024年度の事業計画を決定した。任期満了に伴う理事の選任では5人が新たに就き、その後の理事会で会長に小菅泰治氏(62、ヤマト運輸)を選出。副会長は日…

オススメ記事

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

自民物流調査会、24年問題「解消不十分」

 トラック運送業務への時間外労働上限規制のスタートから1カ月が経過したが、適正運賃収受や、荷主都合による長時間の荷待ちの解消といった課題の解消が十分とは言えない──。こうした運送事業者などの声を受け、自民党の物流調査会(…

陸運大手9社/前期、5社が最終減益

 陸運大手の2024年3月期連結決算が出そろい、売上高1500億円以上の9社のうち、4社が前の期比で増収増益だった一方、5社が最終減益だった。物価高の上昇で個人消費が伸びず、宅配貨物や特別積み合せ貨物の荷動きが振るわなか…

全流協、会長にヤマト運輸・小菅氏

 全国物流ネットワーク協会(森日出男会長)は15日、社員総会を開催し、2024年度の事業計画を決定した。任期満了に伴う理事の選任では5人が新たに就き、その後の理事会で会長に小菅泰治氏(62、ヤマト運輸)を選出。副会長は日…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap