物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

共栄運輸、ラップトラ披露 日本ハム大谷選手を描く 前沢牛など特産PR

物流企業

2017/08/28 0:00

 【岩手】共栄運輸(菅原陽一社長、岩手県金ケ崎町)は、本社を構える金ケ崎町、地元農協と連携し、地域の特産品や北海道日本ハムファイターズで投手と野手の「二刀流」で活躍する大谷翔平選手を大型トラック1台にラッピングした。設立50周年の記念事業の一環。各種名産品と町を南東北や関東、中京圏へアピールしていく。(今松大)  4月に設立50周年を迎え、記念事業の一環として実施。節目の年に、何か地元へ貢献したいと考えていたところ、金ケ崎町や奥州市エリアをカバーしているJA岩手ふるさと(後藤元夫会長、奥州市)から、ラッピングの提案を持ち掛けられたことから実現した。  荷台の左右と後部の3面にラッピングを施した。トラックの助手席側の面にはJA岩手ふるさとが、前沢牛やピーマン、ブランド米「ひとめぼれ」などの特産品をPR。後部には、同JAのイメージキャラクターを務める奥州市出身の大谷選手の雄姿が、サインとともに描かれている。運転席側では、同町をアピール。名物のアスパラガスや稲穂の写真などに加え、町のイメージキャラクターのアースくん、パーラちゃん、ガースくんも登場する。走る広告塔として、各種名産品と町を南東北や関東、中京圏へアピールしていく。  19日に開かれた農業祭りで、お披露目式を開催。高橋由一町長が「行政だけでは成し得ない民間の力を頂き、コメ、牛肉、アスパラガスなどの農蓄産物を全国に発信していく」とあいさつ。共栄運輸の菅原社長は「このトラックは、名古屋方面と岩手を結んで自動車部品を運ぶ。往復で1500キロを走るので、いい宣伝になる。地元の企業として、今後ともいろいろな形で地域を盛り上げていきたい」と話した。 【写真=各種名産品と町を南東北や関東、中京圏へアピールしていく】





本紙ピックアップ

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

オススメ記事

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap