物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

国交省、荷主情報を聴取・記載 過積載の責任明確化へ 今秋にも試行 許可申請・取り締まり時

行政

2017/08/28 0:00

 国土交通省は今秋にも、過積載に対する荷主の責任を明確化するため、特殊車両の通行許可申請時や車両制限令違反の取り締まり時に荷主情報を聴取・記載する制度を試行実施する。許可申請時や取り締まり時という「入り口」と「出口」で事実上、荷主情報の提供が義務化されれば、過積載の抑止力向上が期待できる。(田中信也)  22日に開かれた社会資本整備審議会の道路分科会(石田東生分科会長、筑波大学特命教授)で、今後の道路政策の具体的な提案などを示した建議を取りまとめた。この中で、「過積載撲滅に向けた取り組みの強化」の政策案が提示されたことを受け、同制度の導入を検討する。  政策案では、過積載の大きな要因として「荷主からの要求や非効率な商慣習」を挙げ、「トラック事業者のみならず、荷主にも責任とコストを適切に分担させることを検討する必要がある」と指摘。これに基づき、取り締まり時の違反者への荷主情報聴取、荷主も関与した特車許可申請などを提起している。  トラック事業の取引環境適正化には「荷主の関与と責任負担が不可欠」との機運が高まる中、道路局も認識を共有。まずは、エリアや期間など対象を絞り、今秋にも試行実施する方針だ。実施結果を検証の上、本格導入の可能性も探る。  2016年度の車限令違反車両の一斉取り締まりでは、ドライバーからの荷主名の聞き取りを試験的に実施。試行期間中は、基地局(検問所)での取り締まりが対象となる模様だ。  一方、特車許可は現行制度でもトラック事業者、荷主ともに申請することができるが、実際にはトラック事業者による申請が多数を占めており、道路管理者が荷主を把握するのはほぼ不可能。こうした状況の改善ら向け、特車許可申請時に荷主情報を記載する方式についても試行する。  国交省や地方自治体、高速道路会社などの道路管理者は、道路を著しく損傷させる過積載に対して厳罰化を進めている。だが、全日本トラック協会(坂本克己会長)が16年度に実施したアンケートでは「荷主から(過積載を)強要された」との回答が15%を占め、トラック業界では荷主の責任が問われないことに対して不公平感が高まっていた。 【写真=期間中は検問所での取り締まりが対象の模様(16年11月、東京都江東区)】





本紙ピックアップ

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

自民物流調査会、24年問題「解消不十分」

 トラック運送業務への時間外労働上限規制のスタートから1カ月が経過したが、適正運賃収受や、荷主都合による長時間の荷待ちの解消といった課題の解消が十分とは言えない──。こうした運送事業者などの声を受け、自民党の物流調査会(…

陸運大手9社/前期、5社が最終減益

 陸運大手の2024年3月期連結決算が出そろい、売上高1500億円以上の9社のうち、4社が前の期比で増収増益だった一方、5社が最終減益だった。物価高の上昇で個人消費が伸びず、宅配貨物や特別積み合せ貨物の荷動きが振るわなか…

全流協、会長にヤマト運輸・小菅氏

 全国物流ネットワーク協会(森日出男会長)は15日、社員総会を開催し、2024年度の事業計画を決定した。任期満了に伴う理事の選任では5人が新たに就き、その後の理事会で会長に小菅泰治氏(62、ヤマト運輸)を選出。副会長は日…

オススメ記事

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

自民物流調査会、24年問題「解消不十分」

 トラック運送業務への時間外労働上限規制のスタートから1カ月が経過したが、適正運賃収受や、荷主都合による長時間の荷待ちの解消といった課題の解消が十分とは言えない──。こうした運送事業者などの声を受け、自民党の物流調査会(…

陸運大手9社/前期、5社が最終減益

 陸運大手の2024年3月期連結決算が出そろい、売上高1500億円以上の9社のうち、4社が前の期比で増収増益だった一方、5社が最終減益だった。物価高の上昇で個人消費が伸びず、宅配貨物や特別積み合せ貨物の荷動きが振るわなか…

全流協、会長にヤマト運輸・小菅氏

 全国物流ネットワーク協会(森日出男会長)は15日、社員総会を開催し、2024年度の事業計画を決定した。任期満了に伴う理事の選任では5人が新たに就き、その後の理事会で会長に小菅泰治氏(62、ヤマト運輸)を選出。副会長は日…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap