物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

日本梱包、21メートルフルトレ「100台体制」 1878キロ8人で乗り継ぎ 省人化・CO₂削減

物流企業

2017/08/24 0:00

 ニッコンホールディングスの中核事業会社である日本梱包運輸倉庫(大岡誠司社長、東京都中央区)は、全長21メートルフルトレーラ(21メートルフルトレ)による輸送方式を成長戦略の一環として位置付け、100台(セット)に増強した運行体制を有効活用していく。中でも、NSC(ニッコン・スマート・キャリー)便は、北上市(岩手県)―熊本市の総延長1878キロを、8人のドライバ―が1台の車両を乗り継ぎ、ほぼ3日間かけて着地まで輸送する。1台のトラックがリレー方式でこれほど長い区間を走るのは、ほとんど例が無い。(高木明)  「1回の運行で、大型トラック2台相当分を運べるため、省人化効果が非常に大きい。CO2(二酸化炭素)も大幅に削減できる。効率化や環境対策の面で大きな役割を果たしている」。江原勝雅・執行役員自動車部長は21メートルフルトレの導入効果についてこう話す。  同社が21メートルフルトレを最初に導入したのは14年2月。それまでは主に、19メートルフルトレが中心だったが、13年11月、フルトレの全長上限値が19メートルから21メートルに規制緩和されたのを機に本格導入を決定。当初2台でのスタートだったが、16年12月末までに100台に増強した。  主な運行ルートは主要荷主の生産工場が立地する埼玉―三重、群馬―三重、長野―埼玉、富山―熊本などで、自動車及び関連部品、二輪車、衛生機器、住宅関連部材、農機具などの各メーカーの工場間の貸し切り輸送や積合せ輸送などに対応。今後は一般雑貨輸送の需要増を視野に入れながら、運行ルート拡大にも取り組んでいく。  中でもユニークなのが、16年7月から運行を始めたNSC便。北上―熊本に設けられた8カ所の乗り継ぎ(中継)基地を経由する定期運行サービスだ。同一のヘッドとシャシーを使い、同区間を約43時間で結ぶ。定時運行が原則で、各中継基地での荷下ろし、積み込みなどの時間を2~4時間見込み、運行スケジュールを設定している。  走行距離200キロをメドに、同社の営業所を中心として計8カ所の中継基地を、ドライバーが乗り継ぐ形で南下。北上営業所を午後10時に出発した便は8人のドライバーが乗り継ぎ、翌々日午後7時に熊本営業所に到着する。また、熊本に到着した運行便は翌日午前10時に出発し、3日目となる午前5時30分に北上に戻る。主な積み荷は同じく主要荷主の貨物及び一般雑貨などだ。  日本梱包には、ドライバー1500人が在籍。このうち150人がフルトレに乗務可能なけん引免許を併せ持つ。江原氏は「走行ルートなどに制約条件はあるが、当社では今のところ特段の支障は無い。また、21メートルフルトレの乗務を希望するドライバーが後を絶たず、ドライバーの士気向上につながっている」と強調する。  同社は、国土交通省が16年11月から開始した「ダブル連結トラック実証実験」にも主力企業として参画。更に、独自に全長23メートルフルトレ輸送の実現に向けた調査・研究も進めており、慢性的なドライバ―不足を背景に、フルトレ輸送の可能性を追求していく。 【写真=一般雑貨輸送の需要増を視野に運行ルート拡大にも取り組んでいく】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap