物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

高野山運輸、社長同席 面談を強化 連続運転での改善策提示 法令順守徹底むけ

物流企業

2017/08/07 0:00

 【広島】高野山運輸(広島市中区)は8月から、笹谷澄雄社長自ら同席して個人面談を強化する。デジタルタコグラフの記録データを基にした安全指導だけでなく、改善基準告示についてもアドバイスし、全社を挙げてのコンプライアンス(法令順守)徹底に向けてドライバーの理解と協力を求めていく。(江藤和博)  これまでも個人面談は随時行ってきたが、改めて徹底する方針を打ち出した。在籍するドライバーは50人で、デジタコで違反が見られるドライバーから優先に行い、最終的に全員を対象に実施する。同社は24時間点呼を実践しており、面談は点呼終了後などに行う。笹谷氏、児玉博文専務、黒木正憲安全企画推進部長が出席し、記録は文書や写真にして保存する。  同社はこれまで年2回の全体会議を開催してきたが、笹谷氏が「一人ずつの方がより浸透する」と判断。全体会議は継続しながら、個人面談に重きを置き、ドライバー本人の意思決定が大きい長時間運行などについてアドバイスすることにした。数分のオーバーでも違反となる連続運転時間は、2時間運行の15分休憩を勧めるなど具体的な改善策を提示する。  同社の場合、改善基準告示を順守するには1カ月当たりの稼働日数は22.5日が限度。これを上回って勤務するドライバーを休ませ、運行手当は補償して収入減にならない措置を取っている。  同氏は「運行管理者だけではコンプライアンスは徹底されない。私も積極的に関与し、配車担当者も加わってドライバーと個人面談を行い、全体のチームワークで取り組む。会社発展のためにはコンプライアンスが一番。ドライバーには崖っぷちに立たされたつもりで経営者意識を持ってもらい、運行して欲しい」と話している。 【写真=24時間点呼を実践している】





本紙ピックアップ

特定技能外国人受け入れ、戦力化までプロセス多く

 自動車運送業が対象に追加された外国人在留資格の特定技能制度では、受け入れ事業者に対しては、職業上のみならず日常・社会生活上の支援が義務付けられる。また、準備から戦力化までのプロセス(過程)は非常に多く、かつ相当な期間を…

運輸労連、産業格差是正へ賃上げ

 運輸労連(成田幸隆委員長)は4、5の両日、定期大会を開いた。物流効率化法と改正貨物自動車運送事業法の「新物流2法」や新たな標準的な運賃への対応、他産業との格差是正のための更なる賃上げなどを盛り込んだ運動方針を承認した。…

コクヨロジテム、全社員がフレックス制

 コクヨグループのコクヨロジテム(松浦鉄男社長、大阪市東成区)は7月から、物流センターで勤務する全社員のフルフレックスタイム制度を実現している。これまではいくつかの時間帯パターンの中から勤務時間を選ぶコアタイム制を運用し…

琉通ロジ総研/内閣府事業に採択、物流DX人材を育成

 物流系シンクタンクの琉通ロジスティクス総合研究所(琉通ロジ総研、新垣直人理事長)は、物流の高度化・多様化や深刻な人手不足に対応するため、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進を担う幹部人材の育成に乗り出した。物流…

オススメ記事

特定技能外国人受け入れ、戦力化までプロセス多く

 自動車運送業が対象に追加された外国人在留資格の特定技能制度では、受け入れ事業者に対しては、職業上のみならず日常・社会生活上の支援が義務付けられる。また、準備から戦力化までのプロセス(過程)は非常に多く、かつ相当な期間を…

運輸労連、産業格差是正へ賃上げ

 運輸労連(成田幸隆委員長)は4、5の両日、定期大会を開いた。物流効率化法と改正貨物自動車運送事業法の「新物流2法」や新たな標準的な運賃への対応、他産業との格差是正のための更なる賃上げなどを盛り込んだ運動方針を承認した。…

コクヨロジテム、全社員がフレックス制

 コクヨグループのコクヨロジテム(松浦鉄男社長、大阪市東成区)は7月から、物流センターで勤務する全社員のフルフレックスタイム制度を実現している。これまではいくつかの時間帯パターンの中から勤務時間を選ぶコアタイム制を運用し…

琉通ロジ総研/内閣府事業に採択、物流DX人材を育成

 物流系シンクタンクの琉通ロジスティクス総合研究所(琉通ロジ総研、新垣直人理事長)は、物流の高度化・多様化や深刻な人手不足に対応するため、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進を担う幹部人材の育成に乗り出した。物流…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap