物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

寒川運送、初の応急手当講習 安全大会で救命救急が協力

物流企業

2017/07/27 0:00

 【新潟】寒川運送(板垣貞芳社長、新潟県村上市)は15日、輸送アドバイザーの芳賀俊一氏を招き、安全大会を開いた。半年ごとに実施しているもので、今回は救命救急士の協力を得て、初めて応急手当ての講習を行った。  板垣社長は芳賀氏の継続指導により事故が大きく減少していることに触れ、「自動車保険の優良割引率もマックスに近い」と改めて感謝。その上で「安全対策には引き続き力を傾注するが、今日は事故後の対応も研修項目に加えた。自身は関わらなくても、仕事の特性上、遭遇することは十分考えられる。命を守るため、万一に備え、知識や技術を身に着けて欲しい」と呼び掛けた。  村上消防署防災安全室の笠間亮治消防副士長は、心肺蘇生法を中心に説明。心臓マッサージや自動体外式除細動器(AED)の使用方法について、ダミー人形で手本を示してから、従業員に実践させた。このほか、止血の仕方、熱中症対策などについてもアドバイスした。  芳賀氏は、同社では既に事故防止のベースが出来上がっていることから、これからは更なるレベルアップに向けて、一歩踏み込んだ取り組みをするよう指南した。  なお、終了後には取引先も交えて納涼会を開催。液晶テレビが当たる空くじ無しの抽選会は大いに盛り上がり、上期の労をねぎらうとともに、下期に向けて英気を養った。(河野元) 【写真=ダミー人形で実践】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap