物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

サンコー、高校生の見学を受け入れ 車両に触れ業務を知る

物流企業

2017/06/29 0:00

 【栃木】サンコー(阿部光記社長、栃木県日光市)は12日、地元の日光明峰高校の職場見学を受け入れた。訪れたのは、2年生の男子生徒5人と女子生徒7人。この日訪問する4社の中で、唯一の運送事業者として選ばれた。  サンコーは工業製品や食品輸送を扱っており、車に直接触れることで業務を知ってもらおうと、冷凍・冷蔵トラックのほか、ゲート付きクレーン車や平ボディー、大型ウィング車など6台を組み合わせて舞台を設営した。  マイナス30度近く冷やした冷凍車の庫内を体験。庫内で普段使う治具などを配置し、日常業務をどのように営んでいるか感じられるよう工夫した。  また、大型ウィング車の屋根を開放して青空教室にし、物流業界の市場規模や役割、生活必需品の輸送から、ライフラインとして震災時に救援物資を輸送したことを紹介した。  更に、フォークリフトでパレット積みした机をトラックで囲んだ中庭に移動。小型クレーンで吊り上げ、荷役作業を再現した。  最後に、阿部社長は「自分は高校を卒業した後、20歳で運送業界に入り、26歳でこの会社を興した。今、38歳だが、皆さんが見てきた仲間と一緒に働いている。物流業界は社会生活に不可欠であり、それを支えることに誇りを持って働ける職場だ。高校生の皆さんも、いずれ社会に出る。大人になる過程でいろいろな悩みを持つと思う。今日学んだことを糧にして欲しい」と呼び掛けた。(佐々木健) 【写真=大型ウィング車の屋根を開放して青空教室】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap