物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

カリツー、ドラコン2年ぶり開催 安全のポイント再確認

物流企業

2017/05/29 0:00

 カリツー(加藤正則社長、愛知県安城市)とカリツー協力会(高木正幸会長)は20日、中部トラック総合研修センター(愛知県みよし市)でドライバーコンテストを開催した。  2016年は、熊本地震で荷主の自動車部品メーカーが被災した影響を受けて中止したことから、2年ぶりに開催。全国の営業所から選抜された39人と、協力会16社の43人の計82選手が出場し、応援に駆け付けた管理者や同僚、選手の家族を前に熱戦を繰り広げた。  大会実行委員長を務める加藤社長が「今日は、自身が培った成果を存分に発揮する日。また、他の選手から良い点を吸収し、日頃の業務に反映して顧客満足の高い物流サービスを目指して欲しい」と激励した。  選手宣誓で競技開始。大型、中型、省エネの3部門を行い、個人競技は学科300点、点検300点、運転400点の千点満点で争った。また、各部門に挑戦する3選手がチームを組む団体戦を実施し、各営業所や協力会社の総合力を競った。  競技後には、屋内実技練習場で研修センターのインストラクターによる講義を実施。運転動作でミスの多かった点を振り返ったり、トラックの左右のバックミラーで後続車を見た時、運転者から見える大きさに違いが出ることを実証するなど、安全運行のポイントを再確認した。  表彰は、各部門の個人と、団体部門の3位までを選出。チームによる団体賞は、個人優勝をカリツーの選手に阻まれたものの、各部門で入賞を果たした岡崎通運の「2017・アクション22」チームが、前回大会に続いて連覇を成し遂げた。  総評で、高木氏は「各チームのレベルの高さを見せてもらった。ただ、明日からの業務では、選手一人ひとりが安全との戦いになる。職場の仲間と大会の経験を共有し、事故の無い安全輸送を心掛けてもらいたい」と締めくくった。(梅本誠治) 【写真=屋内実技練習場で研修センターのインストラクターによる講義を実施】





本紙ピックアップ

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

オススメ記事

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap