物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

神戸開港150年記念式典、更なる発展へ決意 久保氏ら功労表彰

行政

2017/05/25 0:00

 神戸市などでつくる神戸開港150年記念事業実行委員会(久元喜造会長、神戸市長)は19日、神戸開港150年記念式典を開き、更なる発展に向けて決意を新たにした。  久元会長は「神戸は港を中心に発展してきた。空襲、震災による被害を乗り越え、150周年を祝うことができるのは、神戸港に関わる全ての方々の尽力の成果。開港以来、海外の様々な文化を受け入れてきた神戸港らしく、これからも創造的な変化を取り入れ、世界に輝き続ける港にしていきたい」とあいさつ。  式典に出席された秋篠宮さまは「神戸港は、開港以来、我が国の国際貿易の中心として活躍するとともに、ゴルフをはじめサッカーなどの海外文化を広め、国民生活を豊かにする役割も果たした。また、世界有数のコンテナターミナルを所有しており、現在の物流にとっても非常に重要な拠点。今後も、経済発展と国際交流の場として、より大きな役目を果たすことを願っている」とお祝いの言葉を述べられた。  神戸港発展への貢献をたたえ、日本港運協会の久保昌三会長ら44人を港湾功労者として表彰。また、神戸港150周年イメージキャラクターを務める女優の戸田恵梨香さん、姉妹都市のシアトル市出身の実業家ビル・ゲイツ氏から祝福のビデオレターが届けられた。  21日には神戸開港150年音楽祭実行委員会(久保昌三実行委員長)による神戸開港150年音楽祭を開催。「歌え! 踊れ! 光り輝く未来へ」と題し、歌手の鳥羽一郎氏、俳優の松平健氏らが、神戸港の存在感を市民にアピールした。(蓮尾輝) 【写真=多くの関係者とともに祝福】





本紙ピックアップ

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

オススメ記事

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap