物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

関東総合輸送、センター5カ所目計画 今期 増収増益を見込む

物流企業

2017/05/01 0:00

 関東総合輸送(清水浩社長、埼玉県行田市)は、2017年度中に5カ所目となる配送センター(県内)を、3年後には大規模センターを、それぞれ建設する計画を立てており、規模拡大を進める。17年3月期のグループ売上高は61億円、経常利益が15億円とほぼ横ばいにとどまったが、3年後には売上高100億円突破を目指す。  前期は、15年から順次稼働していた狭山配送センター(日高市)のフル稼働が当初の計画より遅れたため、売り上げは微増で推移。既存の四つの配送センター屋上で稼働する太陽光発電を中心とした償却費用が残っていたことから、利益もあまり伸びなかった。  一方、今月に入ってグループ5社目となる関総ホールディングス(清水社長、行田市)を設立。18年3月期は、新会社設置による収入増などを見込み、グループ売上高70億円を予想。償却費用が低減することにより、経常利益が23億円、純利益は10億円と、大幅な増収増益を計画している。設立30周年を迎える3年後には、グループ売上高100億円の突破を見込む。  17年度中にも完成を予定しているセンターは2階建てで、延べ床面積が2万3千平方メートル。3年後をメドに竣工を目指す六つ目のセンターは、2階建て延べ床面積6万6千平方メートル。これらが稼働すれば、グループの総延べ床面積は33万平方メートルとなる。  二つのセンターの屋上では、太陽光発電事業を展開する。既に4カ所合わせて年間4億円の売り上げがあるが、3年後には5億円超になる見通しとなっている。(谷本博) 【写真=本社配送センターは全3棟の屋上に太陽光発電を設置】





本紙ピックアップ

特定技能/ 「自動車運送業」追加、職場受け入れ年明けか

 政府は、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」など4職種を追加する方針を打ち出した。3月末までに閣議決定し、新年度に関係省令を公布・施行する予定だが、試験制度の創設や実施に向けた準備に加え、特定技能外国人の在留…

国交省/「型式指定申請」不正防止、有識者検討会を今春設置

 国土交通省は、相次ぐ自動車の型式指定申請の不正に対応するため、有識者などで構成する検討会を設置する方針だ。ダイハツ工業(奥平総一郎社長、大阪府池田市)、豊田自動織機が策定する再発防止策を踏まえ、審査の厳格化や、不正の早…

サンインテルネット、首都圏拡充&関西進出

 サンインテルネット(三田竜平社長、横浜市西区)は、人口が集中する大消費地での生活必需品物流を拡大するため3年以内に首都圏で拠点を増やし、供給体制を強化する。また、EC(電子商取引)物流の拡充に向け、関西圏にも進出する。…

ネスレ日本、中距離帯で鉄道輸送

 ネスレ日本(深谷龍彦社長、神戸市中央区)は日本貨物鉄道(JR貨物)と連携し、静岡県―大阪府での商品の定期貨物鉄道輸送に取り組んでいる。輸送規模は1日200㌧で、両社によると、この規模の中距離帯での定期貨物鉄道輸送は食品…

オススメ記事

特定技能/ 「自動車運送業」追加、職場受け入れ年明けか

 政府は、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」など4職種を追加する方針を打ち出した。3月末までに閣議決定し、新年度に関係省令を公布・施行する予定だが、試験制度の創設や実施に向けた準備に加え、特定技能外国人の在留…

国交省/「型式指定申請」不正防止、有識者検討会を今春設置

 国土交通省は、相次ぐ自動車の型式指定申請の不正に対応するため、有識者などで構成する検討会を設置する方針だ。ダイハツ工業(奥平総一郎社長、大阪府池田市)、豊田自動織機が策定する再発防止策を踏まえ、審査の厳格化や、不正の早…

サンインテルネット、首都圏拡充&関西進出

 サンインテルネット(三田竜平社長、横浜市西区)は、人口が集中する大消費地での生活必需品物流を拡大するため3年以内に首都圏で拠点を増やし、供給体制を強化する。また、EC(電子商取引)物流の拡充に向け、関西圏にも進出する。…

ネスレ日本、中距離帯で鉄道輸送

 ネスレ日本(深谷龍彦社長、神戸市中央区)は日本貨物鉄道(JR貨物)と連携し、静岡県―大阪府での商品の定期貨物鉄道輸送に取り組んでいる。輸送規模は1日200㌧で、両社によると、この規模の中距離帯での定期貨物鉄道輸送は食品…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap