物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

厚労省、マッチング支援強化 ハローワークに対策窓口

行政

2017/04/27 0:00

 厚生労働省はトラック運転者などの人材確保に向けて、ハローワークに専用の対策窓口を設置し、求職者と企業のマッチング支援を強化する。4月中に、全国12カ所のハローワークに「人材確保対策コーナー」を設置。都道府県トラック協会など業界団体とも連携し、職業相談や職業紹介、就職説明会などを実施する。より手厚い支援を通じて、労働力不足が進む分野の就労拡大につなげる。  対策窓口は運輸に加え、福祉(介護、医療、保育)、建設、警備の4業種に特化。3月末にまとめられた政府の働き方改革実行計画に、雇用吸収力の高い分野へのマッチング支援を強化するよう盛りこまれたことを受け、対応する。  対策窓口を設けるのは仙台、郡山、大宮、千葉、池袋、横浜、浜松、名古屋中、京都西陣、大阪東、広島東、熊本の各ハローワーク。池袋以外は既にスタートしており、28日に池袋で開設されれば、全国12カ所の設置が完了する。  ハローワークでは通常、求職者と企業の相談窓口が別々に用意されているが、対策窓口では両者の相談を一括で受け付け、迅速かつ的確に対応していく。企業には、人が集まりやすくなるように求人条件の緩和に関する助言を実施。求職者にはきめ細かな職業相談を通じ、就労を後押しする。業界団体とも協力し、事業所見学会や就職面接会なども開催する。  ハローワーク横浜(横浜市中区)で24日開いた対策窓口の開所式で、神奈川労働局の鶴谷陽子職業安定部長は「労働人口が将来的に少なくなる中、少しでも多くの人に働いてもらうことが重要。業界とも、より密接に連携していく」と強調。神奈川県トラック協会(吉田修一会長)の徳光正彦事業部調査役は「神ト協では、高校への物流出前授業や合同面接会などの取り組みを進めている。新たなコーナーの設置は心強い。会員事業者にアピールし、大いに活用していきたい」と話した。(土屋太朗) 【写真=求職者と企業の相談を一括で受け付け(ハローワーク横浜)】





本紙ピックアップ

アイリンク、市電停留場に副名称

 アイ・リンク(本間勝行社長、札幌市白石区)は、札幌市の路面電車(市電)の停留場に副名称を付けるネーミングライツを獲得し、「山鼻19条」停留場に、同社の保育園「あいりんく保育園 やまはな園」の名前を付けた。4月から駅名標…

ナカシマHD/来月、2社グループ化

ナカシマホールディングス(中島祥輔社主、東京都江戸川区)は6月1日をメドに2社(梅田運輸倉庫、佐藤商事)をグループ化する。これに伴い事業エリアが東北などにも広がり、顧客の要請に応える態勢を一段と強化。新たな投資先である両…

丸亀急配、物流センターを増床

 丸亀急配(中野昌一社長、香川県丸亀市)は9日、キリンビバレッジ丸亀物流センター(同市)増床工事の竣工式と祝賀会を開いた。同物流センターはこれまで、道を挟んで立地する土器南倉庫と土器第2倉庫で構成していたが、南倉庫と同じ…

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

オススメ記事

アイリンク、市電停留場に副名称

 アイ・リンク(本間勝行社長、札幌市白石区)は、札幌市の路面電車(市電)の停留場に副名称を付けるネーミングライツを獲得し、「山鼻19条」停留場に、同社の保育園「あいりんく保育園 やまはな園」の名前を付けた。4月から駅名標…

ナカシマHD/来月、2社グループ化

ナカシマホールディングス(中島祥輔社主、東京都江戸川区)は6月1日をメドに2社(梅田運輸倉庫、佐藤商事)をグループ化する。これに伴い事業エリアが東北などにも広がり、顧客の要請に応える態勢を一段と強化。新たな投資先である両…

丸亀急配、物流センターを増床

 丸亀急配(中野昌一社長、香川県丸亀市)は9日、キリンビバレッジ丸亀物流センター(同市)増床工事の竣工式と祝賀会を開いた。同物流センターはこれまで、道を挟んで立地する土器南倉庫と土器第2倉庫で構成していたが、南倉庫と同じ…

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap