物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

神山運輸、今期売上高5.9%増見込む ドライバー確保に充当

物流企業

2017/04/24 0:00

 神山運輸(神山吏社長、愛媛県松前町)は荷主ニーズに対応し、増車を計画している。主力の食品配送が好調に推移し、ここ数年の売り上げが伸長。17年1~3月期の売上高は前年同期より7%以上増加、2017年12月期の売上高は70億円(前期比5.9%増)を見込んでおり、増収分をドライバーの確保と定着の資金に充てる。  12年12月期に売上高50億円の大台を突破して以降も右肩上がりを維持し、16年12月期は66億1千万円を計上した。燃料価格の高騰や人件費アップなどのコスト上昇により、利益は前年並みにとどまったものの、冷凍食品の小口配送が好調に推移し、売り上げ全体を押し上げている。  また、労働力不足やコンプライアンス(法令順守)への対応に配慮し、数年前から荷主側がリードタイムを延長する傾向にある。  こうした背景から、労働環境の改善を推進中。ドライバーの賞与支給や昇給を図るとともに、労働時間の短縮や休日を増やし、労働力の定着を図っている。  荷主ニーズに対応し、今夏までに大型5台のほか、トラック20台近くを増車する予定。人材採用にも力を入れている。  神山社長は「時短や休日取得に大手が動いており、我々も労働環境を改善しやすい状況にある。ドライバーの所得を下げずに労働時間を減らすには、売り上げを増やすことが不可欠だ」と話している。(矢野孝明) 【写真=今夏までに大型5台、トラック20台近くを増車】





本紙ピックアップ

トラックGメン創設1年、「商慣行見直し」着実に効果

 「トラックGメン」の創設から1年――。初の「勧告」をはじめとする、適正取引の違反が疑われる荷主・元請事業者に対する法的措置(是正指導)は、創設前と比べ飛躍的に増加し、物流の商慣行見直しに向けて着実に効果を上げている。一…

トラック「自動運転」レベル4実証むけ、通信環境を整備へ

 総務省は、レベル4(特定条件下での完全自動運転)トラックの実証に必要な通信環境整備として、5.9㌐ヘルツ帯を活用したV2X通信の実用化に向け、既存ネットワークを活用したV2N通信との両にらみで評価・実証などに取り組む。…

ギオン、美容室とコラボイベント

 ギオン(衹園彬之介社長、相模原市中央区)は17日、全国に70店舗を展開する美容室大手のTAYAとコラボレーションし、女性社員の「自分らしさ」「美しさ」「働きやすさ」追求を応援するイベント「女性ドライバー大変身」を行った…

ヒカリHDグループ、「食品・太陽光」荷動き活発

 ヒカリホールディングス(長田義光会長、岡山市北区)グループは、業績を順調に拡大させている。主力輸送品目の食品や、太陽光発電システム関連の荷動きが活発で、岡山市北部では土地開発(3万3千平方㍍)にも着手し、新しい物流セン…

オススメ記事

トラックGメン創設1年、「商慣行見直し」着実に効果

 「トラックGメン」の創設から1年――。初の「勧告」をはじめとする、適正取引の違反が疑われる荷主・元請事業者に対する法的措置(是正指導)は、創設前と比べ飛躍的に増加し、物流の商慣行見直しに向けて着実に効果を上げている。一…

トラック「自動運転」レベル4実証むけ、通信環境を整備へ

 総務省は、レベル4(特定条件下での完全自動運転)トラックの実証に必要な通信環境整備として、5.9㌐ヘルツ帯を活用したV2X通信の実用化に向け、既存ネットワークを活用したV2N通信との両にらみで評価・実証などに取り組む。…

ギオン、美容室とコラボイベント

 ギオン(衹園彬之介社長、相模原市中央区)は17日、全国に70店舗を展開する美容室大手のTAYAとコラボレーションし、女性社員の「自分らしさ」「美しさ」「働きやすさ」追求を応援するイベント「女性ドライバー大変身」を行った…

ヒカリHDグループ、「食品・太陽光」荷動き活発

 ヒカリホールディングス(長田義光会長、岡山市北区)グループは、業績を順調に拡大させている。主力輸送品目の食品や、太陽光発電システム関連の荷動きが活発で、岡山市北部では土地開発(3万3千平方㍍)にも着手し、新しい物流セン…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap