物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

鳴海急送、給与計算「見える化」 管理システム本格運用

物流企業

2017/04/13 0:00

 鳴海急送(酒井誠社長、愛知県大府市)は4月から、受発注・配車業務や勤怠・請求、ドライバーの給料、免許情報などをパソコンやタブレット(多機能携帯端末)、スマートフォン(スマホ)で管理できる運送管理システム「ここる」の本格運用を開始した。全ドライバーにタブレットを持たせ、運行計画から給与計算まで業務の全てを「見える化」。社内の管理者とドライバーがインターネットを通して情報共有することで、意思疎通の迅速化につなげるとともに、業務上の無駄を省き、生産性向上や残業抑制を図る。(梅本誠治)  ドライバーは業務内容から給料、社内連絡事項に至るまで全てをタブレットで確認できる最大の特色は、ドライバーが自身の給料を調整できる機能を採用したこと。酒井社長が長年のノウハウを生かして細かく決めた設定基づき、ポイントを加算していく仕組みを導入。稼ぎたいドライバーはスポット運行を希望しポイントを増やすことで、給料を高めることができる。  また、連絡事項のメールが未読の場合は、管理者に知らせる機能で伝達漏れを防止。更に、ドライバー同士で荷主先の情報やトラックを止めやすい場所、食事場所などの耳寄りな情報を共有できる機能を付与している。  システム開発は、エム・イー・シー(田山教夫社長、東京都港区)に依頼。2016年から1年かけ、管理者やドライバーの声を集めて機能と使いやすさを磨いた。クラウド型システムのため、利用料は月額一人千円とコストパフォーマンスにも優れる。  半年前から稼働準備へ入り、まずは管理者が操作法を覚えてドライバーに使い方を指導。システム導入による効果を大限に引き出すため、全従業員が扱えるよう知識の平準化を図った。  今後の展開について、酒井氏は「安全・労務管理との一体化に向け、デジタルタコグラフとの連携を模索中。また、荷主先での伝票処理や守衛所での対応、フォークリフトの作業要領や危険箇所の周知など、端末の中にマニュアル機能を持たせ、新人ドライバーでも安全・確実な業務ができるようにしていきたい」と話している。 【写真=全従業員が扱えるよう知識の平準化を図る】





本紙ピックアップ

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

オススメ記事

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap