物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

山岸運送、初の対外試合に臨む 硬式野球チーム「ロジスターズ」 エース候補が好投

物流企業

2017/04/06 0:00

 【静岡】山岸運送(山岸一弥社長、静岡県島田市)が設立した社会人硬式野球クラブチーム「YAMAGISHI LOGISTERS(山岸ロジスターズ)」は3月20日、浜松市で初めての対外試合に臨んだ。1日の入社式及びチーム設立式を前にして、山岸カラーの水色を基調とした真新しいユニホームに袖を通し、元気な姿を披露した。(奥出和彦)  山岸社長の始球式で試合開始。山岸ロジスターズの先発は1日入社予定の則本佳樹投手。東北楽天ゴールデンイーグルスに在籍する兄の昂大投手と同じ右の本格派で、初回に1点を失うも、以降の3回はエース候補としテンポの良い投球を見せ、無失点に抑えた。  1対1の同点で迎えた4回表、6番の西勇大内野手が勝ち越しのセンター前タイムリーヒットを放つも、後続投手が相手打線につかまり2対7で敗れた。  山岸ロジスターズは16年5月からメンバーを募集し、8月16日にセレクション(選考会)を実施。合格者は山岸運送の社員として採用され、通常業務をこなしながら社会人野球選手として活動する。甲子園出場経験者など大卒生を中心に28人でメンバーを構成する。  同社では、野球部員のための業務モデルを準備。一般事務や構内作業、ドライバーといった既存従業員と同様の職種に就くが、出社時間は午前3時から午前6時と早朝にシフト。就業後、午後3時には全員がそろうようにして、午後7時まで野球の練習に充てる。遠征用のマイクロバスや社員寮も準備。練習場は本社に近い大井川河川敷のグラウンドを使用する。  今回の練習試合の相手は、苫小牧駒澤大学野球部。同大学出身の天野義明監督が調整し、実現した。  山岸氏は「球春到来のこの時期に合わせて企画した。地域の話題としてもいいと思う」と説明。試合を終えた選手に向けては「初めての試合としては上出来。大会に向けて頑張ってもらいたい」と激励。  天野氏も「負けて悔しいが、勝って慢心するよりは負けのスタートの方がやりがいがあっていい」と強調。則本投手も「課題が見つかった。日本一に向けて頑張りたい」と力を込めた。 【写真=山岸ロジスターズメンバーと山岸社長(前列右から5人目)】





本紙ピックアップ

厚労省、過労死防止大綱を改定

 厚生労働省は、自動車運送や建設での時間外労働上限規制の適用などを受け、過労死などを防止するための対策に関する大綱(過労死防止大綱)を7月末ごろ改定する。長時間労働の解消が、下請け・中小零細事業者へのしわ寄せを生じさせな…

政府/規制改革実施計画、データ取得容易なケースで運行記録計を設置不要に

 政府は近く、2024年度の「規制改革実施計画」を閣議決定する。物流関係では、トラックや関連システムから運行記録データを容易に取得できる場合は別途、運行記録計の設置を不要とするため、貨物自動車運送事業輸送安全規則の改正を…

物流特殊指定/23年度調査、荷主573社に注意喚起

 公正取引委員会は6日、独占禁止法に基づく荷主と物流事業者との取引(物流特殊指定)に関する2023年度の調査について、荷主573社に注意喚起し、121社に対し立ち入り調査を行った、と発表した。注意喚起文書を送付した荷主の…

三菱地所/高速道直結物流施設、仙台で開発計画始動

 三菱地所は7日、仙台南部道路の長町インターチェンジ(IC)で高速道路に直結する物流施設の開発計画をスタートさせる、と発表した。京都府城陽市の新名神高速道路・宇治田原IC(仮称)に直結する施設に次いで2例目。仙台市太白区…

オススメ記事

厚労省、過労死防止大綱を改定

 厚生労働省は、自動車運送や建設での時間外労働上限規制の適用などを受け、過労死などを防止するための対策に関する大綱(過労死防止大綱)を7月末ごろ改定する。長時間労働の解消が、下請け・中小零細事業者へのしわ寄せを生じさせな…

政府/規制改革実施計画、データ取得容易なケースで運行記録計を設置不要に

 政府は近く、2024年度の「規制改革実施計画」を閣議決定する。物流関係では、トラックや関連システムから運行記録データを容易に取得できる場合は別途、運行記録計の設置を不要とするため、貨物自動車運送事業輸送安全規則の改正を…

物流特殊指定/23年度調査、荷主573社に注意喚起

 公正取引委員会は6日、独占禁止法に基づく荷主と物流事業者との取引(物流特殊指定)に関する2023年度の調査について、荷主573社に注意喚起し、121社に対し立ち入り調査を行った、と発表した。注意喚起文書を送付した荷主の…

三菱地所/高速道直結物流施設、仙台で開発計画始動

 三菱地所は7日、仙台南部道路の長町インターチェンジ(IC)で高速道路に直結する物流施設の開発計画をスタートさせる、と発表した。京都府城陽市の新名神高速道路・宇治田原IC(仮称)に直結する施設に次いで2例目。仙台市太白区…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap