物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

アサヒ、埼玉・嵐山へ公園寄贈 旧本社跡地を転用

物流企業

2017/04/03 0:00

 アサヒロジスティクス(横塚元樹社長、さいたま市大宮区)は3月30日、旧本社跡地(埼玉県嵐山町)を転用した児童公園「おりがみ公園」の同町への寄贈式を行った。横塚社長、横塚正秋相談役、嵐山町の岩沢勝町長によるテープカットが行われた後、開園を待ちわびていた子供たちの歓声が園内に響いた。  1200平方メートルの敷地に、カラーゴムチップを利用したクッション性のあるサイクリングロード(周回路)や、点灯する3灯式の信号機、横断歩道を設けた。子供たちの自転車の交通安全教育に使えるよう配慮。トラックをモチーフにしたすべり台、エア遊具「ふわふわドーム」なども設置した。  同町は、1955年の創立時から95年まで本社が置かれた「創業の地」。これまで跡地の活用法について検討を重ねてきた。公園名は、トラックの荷台に描かれる「オリガミ」カラーに由来。遊具などを含む造成費用を同社が全額負担した。  寄贈式で、正秋氏が「創立時の当社は、従業員10人ほどの小さな会社で、近くの酪農組合の原乳輸送を業務としていた。今では従業員数が4千人ほど、保有車両は間もなく1200台を超えるまでに拡大し、創業者の父(元吉氏)が生きていれば今年で100歳を迎える節目の年でもある。日本一安全な会社を目指す我々にとって、この公園を通じて子供たちの交通安全意識の醸成につながれば幸いだ。長年にわたってお世話になった地域への恩返しとしたい」と述べた。  岩沢町長は「故元吉氏との交流を思い出すだけでなく、この地を忘れずにいてくれたことに感謝する。トラック業界の陣を切って安全に取り組む姿勢には頭の下がる思いだ。この公園を有効活用していきたい」と謝辞を述べ、正秋氏に感謝状を手渡した。  来園した子供たちには、アサヒロジスティクスから袋入りのお菓子の詰め合わせや、同社のトラックをモチーフにしたミニカーがプレゼントされた(小瀬川厚)【写真=開園を待ちわびていた子供たちが歓声】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap