物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

カンダHD/今期、営業益4%増 最高更新 国内外 拠点開設が寄与

物流企業

2017/02/09 0:00

 カンダホールディングスの2017年3月期の連結決算が、売上高390億円(前期比5.7%増)、営業利益15億7千万円(4.1%増)と過去最高を更新する見通しだ。16年3月期に国内で計7カ所に物流センターを開設したことや、海外でも15年9月にグループ会社のインドネシア現地法人が営業を開始したことで、既存顧客の拡充や新規業務獲得に寄与。今後も4月までにインドネシアで物流会社を買収するほか、18年2月には加須豊野台物流センター(仮称、埼玉県加須市)を新設するなど、国内外を一気通貫で結ぶ国際物流ネットワークの強化を図る。(高木明)  1日発表した2016年4~12月期の連結決算は、売上高が前の年同期比8.2%増の297億9100万円、営業利益も17.6%増の14億500万円となり、過去最高を更新した。ただ、純利益は16年3月期に有明営業所(東京都江東区)などの売却益を計上していたことから、8億2300万円と38.7%減らした。  国内外でのネットワーク及びシェア拡大に向け、グループのペガサスグローバルエクスプレス(PGE)のインドネシア現法が、4月までに現地の物流会社を買収、海上輸送フォワーディング業務などを強化する計画。一方、国内では、ドラッグストア向けに3階建て(延べ床面積1万5350平方メートル)の物流センターを建設、18年2月からの本格稼働を目指す。  現在、物流センター業務や国際物流事業の強化を「成長戦略」の重点施策に据えている。15年9月までに4拠点(愛知県小牧市、豊川市、岡崎市、大府市)、10月には3拠点(埼玉県久喜市、千葉県八千代市、群馬県伊勢崎市)、更に16年3月には1拠点(神奈川県厚木市)をそれぞれ開設した。  引き続き、物流センターや流通加工の業務拡大に向けた物流施設の増設や新規顧客の獲得などを重点的に推進。また、全ての不採算営業所の黒字化を図るための「業績改善運動」を全社規模で展開する。一方、国際物流事業は、PGE、海上フォワーディングが主力のグループ会社(ニュースターライン)の2社を中核会社として、航空・海上フォワーディング事業の強化に取り組んでいく。 【写真=18年2月には加須豊野台物流センターを新設(完成予想図)】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap