物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

十ト協ダンプ部会、災害復旧事業に貢献 被害農家へ掘削土運搬

団体

2017/02/02 0:00

 【北海道】十勝地区トラック協会のダンプトラック部会(市川政道部会長)の部会員(94社)が保有するおよそ千台のダンプトラックの多くが、2016年の台風10号により被害を受けた農地の災害復旧事業に貢献している。作業は16年12月中旬から開始され、ダンプ車のフロントに「災害支援対策」の横幕を掲示するなど、安全最優先で事業を進める。(岡杏奈)  復旧事業の主体は帯広開発建設部で、十勝総合振興局や自治体、農業協同組合と連携して行う。十勝川と利別川の河道を掘削して出た17万立方メートルの土を活用し、土壌が流出した畑の復旧に利用。掘削土は、帯広市と芽室町、清水町のおよそ90戸の農家に届ける予定で、3月まで続ける。  市川部会長は「デイライトを徹底し、事故の無いよう呼び掛けている。日頃の恩返しの気持ちを込めて、早期復旧のために全力で行うので、協力をお願いしたい」とコメント。  河道の掘削は、洪水被害の防止や軽減を目的として帯広開建部が費用を負担し、希望する農家に運び、土壌改良に使われてきた。十ト協の奥野一男専務は「災害復旧だけでなく土壌改良や治水事業にも有効で、大変重要な公共工事。『災害支援対策』の横幕を掲げているので、無事故で事業を完了していただきたい」と話す。  帯広開建部では「災害復旧に全力を尽くしていただき、大変ありがたい。現在は、1日延べ千台のダンプが管内を走っており、一部市民からは危険との声が寄せられているが、引き続き、当事業への理解と協力を求めていく」(治水課)としている。 【写真=黄色の横幕を掲示し被災農家へ掘削土を運搬(1月16日、北海道幕別町)】





Share via
Copy link
Powered by Social Snap