物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

幹線輸送、大幅な遅れ 西日本大雪で鳥取県内 交通網が混乱

物流企業

2017/01/30 0:00

 西日本を中心に23、24日の両日に降った大雪により、鳥取県内の国道や高速道路で一時300台以上の車が立ち往生するなど、交通網が大きく混乱した。物流の大動脈である山陰自動車道や米子自動車道、松江自動車道も通行止めとなり、トラック輸送に大きな影響を及ぼした。  県内のトラック輸送の状況について、鳥取県トラック協会(川上和人会長)の宮本達紀事務局長は「2日間は幹線道路が大渋滞しただけでなく、路地に入ると雪が大量に堆積(たいせき)しており、あちこちでスタックする車があった。特積事業者は軒並み集荷をストップし、配達のみに業務を限定したようだ」と説明。  更に、「食品や雑貨などの配送用トラックの大半が、延着を余儀なくされた。県内の物流センターまでの幹線輸送にも大幅な遅れが生じて、スーパーなど小売店に商品が届かないケースもあった。トラック輸送がストップしたら、市民生活が成り立たないことを改めて実感した」という。  25日未明には雪はやんだものの、午前中いっぱいは、雪が堆積したままの道路や、溶けた雪が凍結したことで、路面が悪化した場所も少なくなかった。多くの物流企業が立地する米子流通団地(米子市)内でも、メイン通りから一歩入った脇道で、トラックがスタックし、タイヤ周辺の雪をスコップでかき出して、ようやく脱出するという場面が散見された。  例年に無い大雪に悩まされた、山陰地方の運送会社。中には、自宅から自家用車を出せずに出勤できないドライバーもいたという。  「2日間は本当に大変だった。延着は仕方ない状況で、荷主も理解してくれてはいるはずだが、届け先で『遅かったね』と嫌味を言われたことが一番つらかった。頑張ったドライバーに、ねぎらいの言葉を掛けて欲しかった」と漏らす運送会社もあった。(矢野孝明) 【写真=米子流通団地内で立ち往生するトラック(25日)】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap