物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

ESR、千葉・市川にマルチ型 投資額800億円 施設単体で国内最大

産業

2017/01/26 0:00

 ESR(スチュアート・ギブソン社長、東京都港区)は19日、千葉県市川市にマルチテナント(複数企業入居)型物流施設「ESR 市川ディストリビューションセンター」を開発する、と発表した。湾岸地域にあるJR二俣新町駅前の敷地10万3千平方メートルを取得。土地や建設費用を含めた総投資額は800億円と、物流施設単体の開発費としては国内最大となる。(井内亨)  鉄骨鉄筋コンクリート造り耐震構造の4階建てで、延べ床面積が22万9千平方メートル。各階5万平方メートルの賃貸面積を確保しており、ワンフロアオペレーションを可能にした。また、上り・下りの各専用ランプウェーを備え、40フィートコンテナトレーラが直接出入りできる。  東京都心部から20キロ圏内で、首都高速道路湾岸線・千鳥町インターチェンジ(IC)から3キロ、東関東自動車道・湾岸市川ICからは500メートルと至近の立地。京葉道路・原木ICから1.5キロ、船橋ICからも1.8キロに位置している。2017年度中には東京外郭環状道路・高谷ジャンクションの開通が予定されており、高速道路を利用した首都圏全域の広域配送に最適。また、JR京葉線・二俣新町駅から徒歩5分と、電車での交通の便も良い。  開発予定地は、集合住宅が立ち並ぶ防衛官庁などの官舎の跡地を利用。二俣新町駅前の10万1千平方メートルの土地を落札し、16年12月末に関東財務局と売買契約を締結、アクセス道路用地として隣地の一部を買い足し、今月引き渡しを行った。2月に解体工事を始め、9月着工、18年12月に竣工する予定だ。  同社が提唱している「HUMAN CENTRIC(人に優しい設計)」をコンセプトに、託児所やラウンジをはじめとするアメニティースペースを設置。更に、日本最大級の太陽光発電システムなど多くの省エネルギー設備を導入する方針で、再生可能エネルギーを積極的に活用し、環境負荷低減へ努める。  近隣にはショッピングセンターがあり、飲食や日用品の購入に便利で、快適な通勤環境が整っており、入居企業の雇用確保には大きな強みとなる。  ギブソン社長は「クライアントを第一に考え、最大のサービスとアメニティーを完備した物流施設を創出していく」と話している。 【写真=敷地面積10万3千平方メートル(完成予想図)】





本紙ピックアップ

パスコロジ、茨城で中継輸送拡大

 パスコ・ロジスティクス(神保昌明社長、神奈川県海老名市)は、千葉県野田市の工場から茨城県向けのパン配送で行っている中継輸送のエリアを20日から拡大。これまでの茨城県北部に加え、県南東部の鹿行地域向けも中継輸送化する。ド…

JL連合会、ヒューマンネット活性化

 日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会(JL連合会、迫慎二会長)は14日、総会を開き、事業計画など5議案を承認した。「2024年問題」に直面する年度に入り、人手不足や物価高騰など様々な課題を抱える中、本部・地域…

コクヨサプライロジ、ピックロボ稼働

 コクヨグループの文房具、事務用品の物流を手掛けるコクヨサプライロジスティクス(若林智樹社長、大阪市東成区)は15日、カウネット福岡物流センター(福岡県粕屋町)で、ピッキングを補助するロボットを本格稼働させた。バラ出荷工…

北陸地整局、新潟東港で貨物輸送実証

 北陸地方整備局は14日、黒山駅分岐新潟東港専用線(旧新潟臨海鉄道)の旧藤寄駅で、新潟港に近接する臨港鉄道を活用した海上コンテナの輸送実証を行った。「2024年問題」の影響を踏まえ、港湾周辺の脱炭素化を図るカーボンニュー…

オススメ記事

パスコロジ、茨城で中継輸送拡大

 パスコ・ロジスティクス(神保昌明社長、神奈川県海老名市)は、千葉県野田市の工場から茨城県向けのパン配送で行っている中継輸送のエリアを20日から拡大。これまでの茨城県北部に加え、県南東部の鹿行地域向けも中継輸送化する。ド…

JL連合会、ヒューマンネット活性化

 日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会(JL連合会、迫慎二会長)は14日、総会を開き、事業計画など5議案を承認した。「2024年問題」に直面する年度に入り、人手不足や物価高騰など様々な課題を抱える中、本部・地域…

コクヨサプライロジ、ピックロボ稼働

 コクヨグループの文房具、事務用品の物流を手掛けるコクヨサプライロジスティクス(若林智樹社長、大阪市東成区)は15日、カウネット福岡物流センター(福岡県粕屋町)で、ピッキングを補助するロボットを本格稼働させた。バラ出荷工…

北陸地整局、新潟東港で貨物輸送実証

 北陸地方整備局は14日、黒山駅分岐新潟東港専用線(旧新潟臨海鉄道)の旧藤寄駅で、新潟港に近接する臨港鉄道を活用した海上コンテナの輸送実証を行った。「2024年問題」の影響を踏まえ、港湾周辺の脱炭素化を図るカーボンニュー…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap