物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

アイエヌライン/安マネ大会、安全対策 全社挙げ徹底 事故・災害ゼロ掲げ

物流企業

2017/01/19 0:00

 【大分】アイエヌライン(奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は8日、中津市で「未来へ飛翔!めざすゴールは事故・災害ゼロ」を掲げ、運輸安全マネジメント総決起大会を開いた。奈賀社長は「将来を担う子供たちがこの会社で働きたいと思える会社、業界を目指そう」と呼び掛け、全社を挙げて安全対策を徹底していく決意を示した。(武原顕)  川村秀章専務が「交通事故・労働災害ゼロへチャレンジしよう。我々の目指すゴールはゼロだ。心を合わせていこう」と、9期目となるプロジェクトの始動を宣言。笹島竜一取締役事業本部長、ドライバー代表のリードで「安全・品質はわが社の商品」とする基本理念及び安全運転5原則を唱和した。  続いて、奈賀氏が「運輸安全マネジメントの意義を今一度考えよう。何のためにこの活動を継続しているのか。家族に心配を掛けてはいけない。そして、飲酒運転は犯罪。確信犯で許すことはできない」と強調。  本社、各支店、営業所、グループ企業がこの1年間の安全活動を振り返った後、無事故運転者、速度超過回数ゼロ達成(月別)の上位者、社会奉仕活動などチームポイント、永年勤続者の各表彰が行われ、奈賀氏から表彰状と記念品が贈られた。  今期の目標は、安全推進委員会(中島正敏委員長)を中心に原点に戻り、リーダーの育成を軸に全体のレベルアップを目指す。中島委員長は「働きやすい職場づくり、品格のある運転を心掛けよう」と述べ、家族ぐるみのイベントを催すと報告。各チームから「丁寧な運転」「防衛運転」「車両美化」など、スローガンと具体的な取り組みが発表された。  講演では、ディ・クリエイトの上西一美社長が全国で発生した重大事故を振り返り、ドライブレコーダーの映像で事故防止のポイントと心構えを解説。また、飲酒運転撲滅活動を展開する「NPO(非営利組織)法人はぁとスペース」の山本美也子代表は「思いやりの心でハンドルを握って欲しい」と訴え、全員で「ゼロ」のマークを両手で表現し、飲酒運転の撲滅を誓い合った。  県内では06年8月、海の中道大橋(福岡市東区)で幼い3人の命を奪った福岡市職員による飲酒運転事故や、10年2月には福岡県粕屋町で男子高校生2人が飲酒運転の乗用車にはねられ、死亡する事故があった。  山本氏は「飲酒運転による交通事故は後を絶たない。二日酔い運転の正体を知ることも大切」と、「酒育」の重要性を説いた。  最後に、小野聖司常務が「当たり前のことをバカにせずに取り組もう。目標達成の喜びを皆で味わいたい」と閉会宣言し、交通・労働災害防止への強い決意を誓った。 【写真=はぁとスペースの山本代表と全員が「ゼロ」のマークを両手で表し、飲酒運転の撲滅を誓い合う】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap