物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

国交省・経産省、新燃費基準を策定 トラメーカー向け 車体価格上昇の可能性

行政

2017/01/02 0:00

 国土交通省と経済産業省はトラックメーカーを対象とした貨物自動車の新たな燃費基準を策定する。より正確な燃費の測定方法を導入し、環境に良いトラックの普及を図る。新基準により、物流事業者は燃料消費量を抑えられる可能性がある一方で、車体価格が上がる恐れもある。  19日、両省による有識者会議(塩路昌宏座長兼委員長)の初会合が開かれた。エネルギーの使用の合理化等に関する法律(省エネ法)に基づき、重量車(車両総重量3.5トン超の一部乗用車と貨物自動車)の燃費基準を策定。目標年度までに燃費基準が未達成の製造・輸入事業者に対し、勧告や公表などの措置を講じている。  2005年度に、15年度を目標年度とする世界初の重量車の燃費基準を策定。目標年度を迎えたことで、新たな基準づくりに着手した。17年10月をメドに取りまとめる。15年度基準に関しては、国内の全7社が目標を達成した。  新基準では、引き続き軽油を燃料とする重量車が対象。燃料電池車(FCV)や電気自動車(EV)については今後検討する。  燃費測定方法は、より正確に判定できるよう改める。現行では、走行状態をシミュレートする測定方法を採用しており、これに車両の空気抵抗やタイヤの転がり抵抗を反映させる。  次回以降、目標年次や達成したかどうかの判定方法などを議論する。(土屋太朗) 【写真=次回以降、目標年次などを検討】





本紙ピックアップ

アイリンク、市電停留場に副名称

 アイ・リンク(本間勝行社長、札幌市白石区)は、札幌市の路面電車(市電)の停留場に副名称を付けるネーミングライツを獲得し、「山鼻19条」停留場に、同社の保育園「あいりんく保育園 やまはな園」の名前を付けた。4月から駅名標…

ナカシマHD/来月、2社グループ化

ナカシマホールディングス(中島祥輔社主、東京都江戸川区)は6月1日をメドに2社(梅田運輸倉庫、佐藤商事)をグループ化する。これに伴い事業エリアが東北などにも広がり、顧客の要請に応える態勢を一段と強化。新たな投資先である両…

丸亀急配、物流センターを増床

 丸亀急配(中野昌一社長、香川県丸亀市)は9日、キリンビバレッジ丸亀物流センター(同市)増床工事の竣工式と祝賀会を開いた。同物流センターはこれまで、道を挟んで立地する土器南倉庫と土器第2倉庫で構成していたが、南倉庫と同じ…

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

オススメ記事

アイリンク、市電停留場に副名称

 アイ・リンク(本間勝行社長、札幌市白石区)は、札幌市の路面電車(市電)の停留場に副名称を付けるネーミングライツを獲得し、「山鼻19条」停留場に、同社の保育園「あいりんく保育園 やまはな園」の名前を付けた。4月から駅名標…

ナカシマHD/来月、2社グループ化

ナカシマホールディングス(中島祥輔社主、東京都江戸川区)は6月1日をメドに2社(梅田運輸倉庫、佐藤商事)をグループ化する。これに伴い事業エリアが東北などにも広がり、顧客の要請に応える態勢を一段と強化。新たな投資先である両…

丸亀急配、物流センターを増床

 丸亀急配(中野昌一社長、香川県丸亀市)は9日、キリンビバレッジ丸亀物流センター(同市)増床工事の竣工式と祝賀会を開いた。同物流センターはこれまで、道を挟んで立地する土器南倉庫と土器第2倉庫で構成していたが、南倉庫と同じ…

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap