物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

ロジテル、若手社員を増やし成長 手狭になり再度移転

物流企業

2017/01/02 0:00

 【栃木】求荷求車情報サイト「ロジテルネット」を運営するロジテル(宮下勝社長、宇都宮市)は、若手社員を増やし、成長を続けている。2015年の初めに本社を宇都宮市中心部に移したが、早くも事務所が手狭になり、11月末に新事務所に移転。市内繁華街への進出は、人員採用の強化が目的だ。新拠点は、街の要であるJR宇都宮駅と、市最大の繁華街「オリオン通り」の間に位置する。この立地で電車やバス通勤が可能になり、採用枠が広がったという。  旧事務所への移転時には、配車担当の営業社員は12人、サポート事務スタッフ2人の体制だったが、今は営業マン20人、事務スタッフ5人と増加。社員増加とともに、売り上げも成長。16年2月期の売上高は、前の期比42.6%増の13億4千万円と過去最高を記録した。新事務所は40人以上のスタッフを収容可能だ。  社員の平均年齢は29歳。「元気で明るい」を第一条件に若手採用を続ける。落合健一常務(36)は「ロジテルの業務は配車サポート。一日中電話をするが、声だけで相手とつながる。明るい応答、明瞭な会話には若さが一番だ」と説明する。  ストレスのある業務のため、事務所の入るビル最上階には別室を開設。リフレッシュルームと名付けられた休憩スペースに、グリーンを基調にした調度品をそろえる。食事や歓談のできるテーブルやソファーのほか、コーヒーサーバーを設置。個室もあり、中には大型のオットマン付きリクライニングチェアを置き、仮眠も取れる。  落合氏は「採用後1年間で、一人前の営業マンに育成している。正社員採用後に辞めたのは一人だけ。定着率の高さが強みだ」と、拡大に意欲を見せる。(佐々木健) 【写真=グリーン基調の調度でそろえたリフレッシュルーム】





本紙ピックアップ

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

オススメ記事

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap