物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

兵庫陸運部/Gマーク表彰、模範的な21社たたえ 輸送秩序確立に貢献

行政

2016/12/22 0:00

 【兵庫】神戸運輸監理部の兵庫陸運部は8日、安全性優良事業所兵庫陸運部長表彰式を開き、長年にわたり輸送秩序の確立に貢献した事業所をたたえて、愛知車輌工業(石田聡彦社長、名古屋市南区)を含む21社に表彰状を贈った。藤本実部長は「皆さんは、安全性優良事業所認定(Gマーク)を10年以上継続して取得されている事業所の中でも、特に模範的な方々。これからも、業界をけん引する原動力として、更なる活躍を期待している」と激励。  続けて、「Gマークの普及率は年々上昇しており、物流事業者全体の安全意識が向上している証拠だと言える。一方で、トラックが引き起こす死亡事故の件数はいまだに多く、更なる広報と事故防止の徹底が必要だ」と話した。  兵庫県トラック協会の亀田昌広副会長は「兵庫県トラック協会としても、表彰制度は非常に励み。表彰される皆さんは優秀な事業所であるが、これに満足せず、次のステップを目指して欲しい」と呼び掛けた。  他の受賞事業所は次の通り。  臼杵運送神戸営業所▽酸和運送兵庫営業所▽三和総業本社営業所▽シキトウサービス本社営業所▽渋沢陸運六甲ターミナル▽シーエックスカーゴ小野営業所▽同神戸営業所▽第一運輸作業本社営業所▽台神商運本社営業所▽太陽コーポレーション姫路本社営業所  竜野運送竜野営業所▽都宝産業滝野営業所▽日伸運輸本社営業所▽日本梱包運輸倉庫神戸営業所▽日本通運豊岡営業課▽同阪神支店尼崎営業課▽同伊丹川西営業課▽松本運送本社営業所▽八鹿逓送本社営業所▽和光運輸本社営業所(蓮尾輝) 【写真=記念写真に納まる藤本部長(前列左から4人目)と、兵ト協の亀田副会長(その右)、受賞事業者の代表ら】





本紙ピックアップ

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

自民物流調査会、24年問題「解消不十分」

 トラック運送業務への時間外労働上限規制のスタートから1カ月が経過したが、適正運賃収受や、荷主都合による長時間の荷待ちの解消といった課題の解消が十分とは言えない──。こうした運送事業者などの声を受け、自民党の物流調査会(…

陸運大手9社/前期、5社が最終減益

 陸運大手の2024年3月期連結決算が出そろい、売上高1500億円以上の9社のうち、4社が前の期比で増収増益だった一方、5社が最終減益だった。物価高の上昇で個人消費が伸びず、宅配貨物や特別積み合せ貨物の荷動きが振るわなか…

全流協、会長にヤマト運輸・小菅氏

 全国物流ネットワーク協会(森日出男会長)は15日、社員総会を開催し、2024年度の事業計画を決定した。任期満了に伴う理事の選任では5人が新たに就き、その後の理事会で会長に小菅泰治氏(62、ヤマト運輸)を選出。副会長は日…

オススメ記事

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

自民物流調査会、24年問題「解消不十分」

 トラック運送業務への時間外労働上限規制のスタートから1カ月が経過したが、適正運賃収受や、荷主都合による長時間の荷待ちの解消といった課題の解消が十分とは言えない──。こうした運送事業者などの声を受け、自民党の物流調査会(…

陸運大手9社/前期、5社が最終減益

 陸運大手の2024年3月期連結決算が出そろい、売上高1500億円以上の9社のうち、4社が前の期比で増収増益だった一方、5社が最終減益だった。物価高の上昇で個人消費が伸びず、宅配貨物や特別積み合せ貨物の荷動きが振るわなか…

全流協、会長にヤマト運輸・小菅氏

 全国物流ネットワーク協会(森日出男会長)は15日、社員総会を開催し、2024年度の事業計画を決定した。任期満了に伴う理事の選任では5人が新たに就き、その後の理事会で会長に小菅泰治氏(62、ヤマト運輸)を選出。副会長は日…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap