物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

エムズトランスポート、長距離輸送を効率化 京都・八幡に本社移転

物流企業

2016/12/15 0:00

 【京都】エムズトランスポート(宮本昌季社長、京都市伏見区)は八幡市に本社を新築・移転し、主力の長距離輸送の効率を高めていく。第2京阪道路・八幡東インターチェンジ(IC)及び京奈和自動車道・田辺北ICに近い好立地を活用。併設した流通加工センターには大きいひさしを取り入れ、雨天時の作業性を高めた。(落合涼二)  11月末から業務を開始。1430平方メートルの敷地に、延べ床面積230平方メートルの事務所と床面積270平方メートルの流通加工センターを設けた。事務所は1階が関連会社の本社及び応接室、休憩室や夜間の点呼スペースを設置、2階にはシャワー室、仮眠室、会議室を配置した。「シャワー室はドライバーからの要望があって整備した」(宮本社長)  駐車場は7260平方メートルを確保。2017年中には隣接する1650平方メートルの土地も駐車場として造成する予定で、大型トラックを100台以上止めることが可能になる。  同社では、17年9月期を創立20周年の記念イヤーと位置付け、ラッピングトラックを運行させたり、記念式典を開いたりして節目を祝う。更に、30年に向け「次なるステージにむけて挑戦一致団結」とスローガンを掲げ、業容拡大に努めている。  17年1月からはドライバー職の従業員1人を内勤にシフト、幹部候補として育成する。時期を見極めながら、あと2人増やし、社内体制の充実を図る一方、トレーラをはじめ、大型トラック、中型トラックなど計15台増車する計画だ。  宮本社長は「ドライバー不足は深刻だが、誰でも彼でも採用するわけにはいかない。9月に募集したところ20人の応募があったものの、全員不採用だった。長距離をメインにしているため、入り口のハードルを高く設定し、優秀な人材だけを採っていく」と強調。  その上で、「2カ月に1回のミーティングで、ドライバーから意見や不満を匿名で記載してもらい、可能な範囲で実現させ、風通しの良い風土を醸成している。年末には1年の感謝の気持ちを込め、全社員一人ひとりにお節を手渡している。給与面だけでなく、福利厚生面も充実させることにより、従業員満足度を高め、皆が誇れる会社にしたい」と話している。 【写真=流通加工センターに大きいひさしを取り入れ、雨天時の作業性を向上】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap