物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

ロジネットジャパン、中部物流センター建設 愛知・小牧 来年9月メド稼働

物流企業

2016/12/12 0:00

 ロジネットジャパンは7日、連結子会社のロジネットジャパン西日本(真田俊秀社長、大阪市北区)が愛知県小牧市で中部物流センター(仮称)の建設に着手した、と発表した。新たに2棟を建て、既存の2棟は全面改修し、2017年9月をメドに稼働。交通アクセスの良い東名、名神高速道路の小牧インターチェンジ(IC)付近に物流拠点を整備し、倉庫・センター運営事業、共同配送、長距離幹線輸送、特別積合せ運送などの物流機能を組み合わせることで、中部地区における事業拡大を図る。  敷地面積は1万4440平方メートルで、建物面積は4棟合計で1万4890平方メートル(新築棟計6390平方メートル、既存棟計8500平方メートル)。全て鉄骨造り2階建てとなる。  小牧ICから0.3キロの立地。高床ホーム1棟と低床ホーム3棟により、多様な物流業務の運用が可能となる。また、照明は全館にLED(発光ダイオード)を採用する。  4月に札幌通運(片岸俊幸社長札幌市中央区)の西日本地区の事業所とロジネットジャパン西日本を事業統合したことから、事業シナジーの実効性を高めるため、中部地区の複数の倉庫、配送センターを同施設に統合し、収益の向上を目指す。(大島杏奈) 【写真=中部地区における事業拡大を図る(完成予想図)】





本紙ピックアップ

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

オススメ記事

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap