物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

頸城運送倉庫、創立100年に記念祝賀会 渡部社長「幾多の試練越え」

物流企業

2016/11/28 0:00

 【新潟】頸城運送倉庫(渡部陽社長、新潟県上越市)は12日、創立100年記念講演会・祝賀会を開催した=写真。渡部社長の高校時代の友人、日立製作所の庄山悦彦・名誉相談役が講師を務め、1世紀サイクルで捉えた人間、企業の在り方について説いた。  1917年の設立で、100年目に式典を催した。渡部氏は倉庫業からスタートし、24年に貨物運送事業、66年にはガソリンスタンド経営に乗り出した変遷を振り返りながら、「鉄道の荷物を取り扱う仕事から始めた。その鉄道会社は現在、乗合バス事業を手掛ける頸城自動車(山田知治社長、同)で、当社とは切っても切れない兄弟関係にある。これまで戦中、戦後の混乱期をはじめ、幾多の試練を乗り越えてきたが、今後も絆を更に強めるとともに、地域創生への使い走り役に徹したい」とあいさつした。  この後、上越市社会福祉協議会(橋本真孝会長)、上越交通安全協会(大竹和夫会長)、新潟県危険物安全協会上越地区支会(遠藤幹夫会長)へ記念品を贈呈。上越市の土橋均副市長、上越商工会議所の高橋信雄会頭、新潟県トラック協会の浅間博専務が祝辞を述べた。  上越交通安協の大竹会長が、頸城運送倉庫会長の立場から謝辞。自民党の高鳥修一衆院議員(新潟6区)の乾杯発声で、祝宴に入った。  なお、庄山氏は「過去・現在・未来大切な人づくり」をテーマに講演。戦国武将の上杉謙信、近代郵便制度の創設に関わった前島密(ひそか)ら、多くの偉人を輩出した上越市の地域性に触れてから、グローバル化、情報化が進む成熟社会の中で、求められる人材の要素を分析した。(河野元)





本紙ピックアップ

T2/自動運転トラック幹線輸送サービス、沼津-浜松でレベル2実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)は、2025年7月の自動運転トラックを用いた幹線輸送サービスの開始を目指し、新東名高速道路・駿河湾沼津サービスエリア(SA)―浜松SAでレベル2(特定条件下で…

アルプスウェイ、オリジナルキャラ「らん」を8台に施工

 アルプスウェイ(田村裕章社長、長野県松本市)は新たにオリジナルキャラクター「らん」を車両のボディーに施した。3日に披露したもので、同市出身で米アカデミー視覚効果賞を受賞した映画監督、山崎貴氏によるデザイン。松本センター…

能登地震/初動対応検証、物流業者と連携促進

 政府が10日開催した能登半島地震の復旧・復興支援本部(岸田文雄本部長、首相)で、関係省庁からなる初動対応の検証チームが検証結果を報告した。物資調達に関しては、ラストマイルまで被災者が希望する物資が届かなかったといった声…

コア、各種点呼をひとまとめに

 ソーシャル・ソリューションメーカーを企業理念に掲げるコアは、対面、電話、遠隔、IT(情報技術)、業務後自動点呼をひとまとめにし、一つのライセンスで提供するクラウドシステムで運送事業者の負担軽減、業務効率の向上に貢献して…

オススメ記事

T2/自動運転トラック幹線輸送サービス、沼津-浜松でレベル2実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)は、2025年7月の自動運転トラックを用いた幹線輸送サービスの開始を目指し、新東名高速道路・駿河湾沼津サービスエリア(SA)―浜松SAでレベル2(特定条件下で…

アルプスウェイ、オリジナルキャラ「らん」を8台に施工

 アルプスウェイ(田村裕章社長、長野県松本市)は新たにオリジナルキャラクター「らん」を車両のボディーに施した。3日に披露したもので、同市出身で米アカデミー視覚効果賞を受賞した映画監督、山崎貴氏によるデザイン。松本センター…

能登地震/初動対応検証、物流業者と連携促進

 政府が10日開催した能登半島地震の復旧・復興支援本部(岸田文雄本部長、首相)で、関係省庁からなる初動対応の検証チームが検証結果を報告した。物資調達に関しては、ラストマイルまで被災者が希望する物資が届かなかったといった声…

コア、各種点呼をひとまとめに

 ソーシャル・ソリューションメーカーを企業理念に掲げるコアは、対面、電話、遠隔、IT(情報技術)、業務後自動点呼をひとまとめにし、一つのライセンスで提供するクラウドシステムで運送事業者の負担軽減、業務効率の向上に貢献して…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap