物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

エンドレステック、札幌でセンター稼働 道央・道南の配送カバー

物流企業

2016/11/17 0:00

 【北海道】エンドレス・テック(西村宏一社長、北海道北斗市)は1日から、新物流センター「札幌丘珠DC」(札幌市東区)を稼働させた。センターに併設する事務所には、札幌営業所(同区)の機能を移転。更に同日、本社営業所、札幌営業所、岩手北上営業所(岩手県北上市)の名称をそれぞれ函館支店、札幌支店、岩手北上支店に変更した。(北原進之輔)  新センターは常温倉庫で、敷地面積6020平方メートル、床面積1330平方メートルの鉄骨造り平屋建て。また、事務所は床面積140平方メートルの平屋建てで、センターと事務所の照明は全てLED(発光ダイオード)を採用した。食品をメインに雑貨なども取り扱い、道央、道南エリアへの配送をカバー。今後は支店のある各エリアで、業務拡大や輸送力強化を更に進めるため、営業所の増設などを目指す。  函館支店と札幌支店は、ウィングや冷凍車を中心に計153台をそろえ、食品や雑貨を輸送。岩手北上支店はユニック車14台を保有し、東北6県で建築資材などの配送を行っている。  今後の課題について、山崎邦彦常務は「人や仕事が増えていることはありがたいが、これに伴った体制づくりが重要。これからは、各拠点の管理職育成など、ソフト面の強化を進めていきたい」と話している。 【写真=センターと事務所の照明は全てLEDを採用】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap