物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

東京港、社会経済活動を支え 開港75周年感謝のつどい

行政

2016/11/07 0:00

 東京都、東京港湾埠頭(平野裕司社長、江東区)、東京都港湾振興協会(石田忠正会長)は2日、「東京港開港75周年感謝のつどい」を開催した。小池百合子知事がビデオメッセージを寄せ、「東京五輪で東京港の物流が滞らないよう、調和を図る」と強調。また、キヤノンの竹谷隆・執行役員ロジスティクス統括センター所長が「荷主として、物流はイコールフッティング(同等の競争条件)で勝負していきたい」と語った。(土屋太朗)  東京港は1941年に開港。会場には、物流事業者や船会社、荷主、都議会議員ら多数が出席した。  都からは安藤立美副知事が参加したが、主催者を代表して小池氏がビデオメッセージを通じ、「東京港は国際都市・東京の玄関口として非常に重要な役割を果たしている。今後も、コンテナふ頭の整備や既存ふ頭の再編など、確実な機能強化を図っていく」との考えを示した。  東京五輪については「競技会場が沿海部に集中するため、物流関係者からの心配の声を聞いている」と説明。その上で、「大会の成功のためにも東京港の物流機能は重要。大会の準備期間、開催期間で機能が滞らないよう、大会と港湾物流との調和をしっかり図っていきたい」と力を込めた。  また、日本船主協会(工藤泰三会長)の池田潤一郎副会長(商船三井)が「東京港は2015年、415万TEU(20フィートコンテナ換算)のコンテナを取り扱い、4816隻のコンテナ船が寄港した。船会社にとって最重要な港の一つだ」と説明。今後は「社会経済活動を支える物流拠点としての重要性は一層高まる。東京港と船会社が手に手を取って、社会インフラを提供していきたい」と話した。  更に、荷主を代表してキヤノンの竹谷氏が「東京港は日本の製造業者にとってメインポート。物流は非常に重要な要素で、港湾は国際物流のパイプライン。機能強化が課題だ」と語った。  また、「荷主にとって物流はイコールフッティングで勝負したい。欧米基幹航路の維持・拡大に挑戦し、東アジアの港湾に対峙しなければならないが、全てのプレーヤーが一丸となる必要がある。その際、東京港にはリーダーシップを発揮していただきたい」と話した。  その後、平野社長の乾杯で懇談に移った。なお、感謝のつどいの開催に先立ち、平野氏が「東京港今昔」と題して講演した。 【写真=記念撮影に臨む東京都の安藤副知事(右端)ら】





本紙ピックアップ

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

オススメ記事

共同配送、「競争しない」一般化へ

 「2024年問題」対策で積載率の向上が求められる中、様々な業界で共同配送の取り組みが進んでいる。運用体制を工夫したり、モーダルシフトを活用したりして更なる効率化に成功している事例もある。人手不足などで「物流危機」が強く…

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap