物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

港災防/全国労災防止大会、安全の見える化推進 「お陰さま」意識し行動

団体

2016/11/03 0:00

 港湾貨物運送事業労働災害防止協会(藤木幸夫会長)の全国港湾労働災害防止大会が10月28日、横浜市で開かれ、現場の安全の見える化や健康保持増進対策の推進などを宣言した。全国から関係者が千人集まり、労災防止に向けて決意を新たにした。  藤木会長が「『お陰さま』という日本語独特の美しい言葉を常に意識し、行動につなげることが大事。現場での経験、港への愛情、仲間への誠意がチームワークを生み出す。その一つの例が港災防が続けている港湾パトロール活動であり、各港で引き続きパトロールに励んで欲しい」と呼び掛けた  厚生労働省労働基準局の田中誠二安全衛生部長は「港災防には今後も行政のパートナー、港運業界と行政の懸け橋として、労災防止への支援をお願いしたい」との塩崎恭久厚生労働相のメッセージを代読。持永秀毅関東運輸局長、黒岩祐治神奈川県知事、林文子横浜市長。日本港運協会(久保昌三会長)の黒田晃敏理事長も、それぞれ祝辞を述べた。  安全衛生表彰では、港栄作業(松木修社長、横浜市中区)など10事業所が優良賞、原田荷役(原田竜次郎社長、同区)など10事業所が努力賞に、それぞれ選ばれた。また、功労賞14人、功績賞39人も藤木氏から表彰された。  続いて、坂田薫・大会実行副委員長が①現場の創意工夫を生かした安全の見える化②心身両面からの健康保持増進対策③災害防止規定の順守④効果的なリスク低減対策⑤作業指揮者や危険作業従事者の安全意識の向上――の一層の推進を盛り込んだ大会宣言を読み上げた。  第2部では、出席者全員で指差し呼称を行い、安全意識を高めた。また、横浜川崎国際港湾の桜井文男副社長が「みらいの横浜港」、横浜高校硬式野球部の渡辺元智前監督は「高校野球と我が人生」をテーマに、それぞれ講演した。(吉田英行) 【写真=全国から関係者千人が出席】





本紙ピックアップ

高速道路/深夜割引、適用時間の走行分のみ

 東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路の3社は12日、新たな高速道路通行料金の深夜割引について、2024年度末に運用を開始する、と発表した。また、入り口・出口料金所や本線上に設置したETC無線通信専用アンテナな…

国交省/特車通行確認制度、対象経路・車種を拡大

 国土交通省は、「特車通行確認制度」の更なる利便性向上に向け、利用できる経路・車両を拡大するなど更なる改善に取り組む。トラックの大型化などに対応するため、特殊車両通行制度の見直しなどを行い、2022年度から同制度をスター…

北修社長の永山修氏、親子二人三脚で夢つかむ

 26日に開幕するパリ五輪に、北修(北海道美唄市)の永山修社長(50)の長男、永山竜樹さん(28)が柔道男子60キロ級に日本代表として出場する。2021年の東京五輪出場の代表争いで涙をのんだ竜樹さんを支え続けてきた永山社…

直販配送、スマートグラスで効率⤴

 雪印メグミルクグループの直販配送(倉持裕司社長、東京都新宿区)はスマートグラスを用いたデジタルピッキングシステムで作業効率を向上させている。眼鏡のようなウェアラブル端末に仕分け情報を投影、ハンズフリーで生産性を高めた。…

オススメ記事

高速道路/深夜割引、適用時間の走行分のみ

 東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路の3社は12日、新たな高速道路通行料金の深夜割引について、2024年度末に運用を開始する、と発表した。また、入り口・出口料金所や本線上に設置したETC無線通信専用アンテナな…

国交省/特車通行確認制度、対象経路・車種を拡大

 国土交通省は、「特車通行確認制度」の更なる利便性向上に向け、利用できる経路・車両を拡大するなど更なる改善に取り組む。トラックの大型化などに対応するため、特殊車両通行制度の見直しなどを行い、2022年度から同制度をスター…

北修社長の永山修氏、親子二人三脚で夢つかむ

 26日に開幕するパリ五輪に、北修(北海道美唄市)の永山修社長(50)の長男、永山竜樹さん(28)が柔道男子60キロ級に日本代表として出場する。2021年の東京五輪出場の代表争いで涙をのんだ竜樹さんを支え続けてきた永山社…

直販配送、スマートグラスで効率⤴

 雪印メグミルクグループの直販配送(倉持裕司社長、東京都新宿区)はスマートグラスを用いたデジタルピッキングシステムで作業効率を向上させている。眼鏡のようなウェアラブル端末に仕分け情報を投影、ハンズフリーで生産性を高めた。…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap