物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

ホイテクノ物流/ドラコン、10回目の記念大会 優先的に選出

物流企業

2016/10/31 0:00

 ホイテクノ物流(加藤雅仁社長愛知県蒲郡市)は22、23の両日、中部トラック総合研修センター(みよし市)でドライバーコンテストを開き、トラックとフォークリフトの両部門で日頃の技量を競い合った。  10回目の記念大会。全国の支店や営業所、子会社から、過去3年間に出場経験の無いドライバーを優先に29人選び、全体の底上げを図った。  加藤社長が「手探りで始めた大会も10回を数えるまでになった。その間、確実に全社の事故防止意識は高まり、保険の割引率も上がってきた」とあいさつ。その上で、「これを機に、今後は更に一段高いレベルアップを図り、荷主に選ばれる会社を目指していくので、次の10年に向けて全社一丸となって取り組んでもらいたい」と激励した。  初日に学科と点検競技を行い、2日目には走行競技を実施。大型部門上位3人と中型部門1位、フォークリフト部門の上位3人を表彰した。協力会社からも入賞者が出た。  競技後は、研修センターの村上祥司インストラクターが、新しくなったコースに設定した危険箇所を参考に事故防止を指導。交差点の右左折時に歩行者を見落とした事例を、トラックを実際に走らせた映像で見せながら注意を促した。(梅本誠治) 【写真=自社車両を前に記念写真に納まる参加者ら(23日)】





本紙ピックアップ

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

オススメ記事

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap