物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

仙台港サイロ、定温倉庫が営業開始 飼料用米 輸入穀物の保管も

物流企業

2016/10/31 0:00

 仙台港サイロ(西方正博社長、仙台市宮城野区)が建設を進めていた飼料用米の定温倉庫が完成した。24日に落成式を開き、26日から営業を開始した。(富田久男)  トウモロコシや大麦、小麦などの輸入穀物の保管サービスをメインに展開しているが、政府の飼料用米の増産施策に合わせて取扱量が増加。既存のサイロ型倉庫では足りなくなり、賃貸倉庫を活用する場合もあった。今後も飼料用米の保管需要が大きくなることが見込まれることから、作業の効率化とコスト削減のため、本社敷地内に新たに平屋建ての定温倉庫2棟を建設した。  サイロ型以外の倉庫建設は初めて。定温1号倉庫は植物防疫所指定のくん蒸機能を持ち、床面積は880平方メートル。2号倉庫は730平方メートル。1号と2号倉庫の間を屋根で覆い、荷さばき用下屋倉庫(530平方メートル)も設けた。両サイドには電動シャッター(オーバースライダー)を設け、風雨や降雪時でも荷役作業を容易にできる全天候型にした。  同倉庫の最大容量は3800トンで、南東北3県で生産される飼料用米を中心に取り扱う。また、季節によって取扱量の変動も大きいことから、輸入穀物の保管にも活用。くん蒸処理ととともに、フレコンバッグなどで一時保管して食料の安定供給を図る。  西方社長は「輸入穀物や一般貨物の保管需要にも応えていきたい。従来の倉庫(保管能力6万4千トン)と併せ、隣接する飼料工場への安定供給に努めたい」と話している。 【写真=本社敷地内に建設した飼料用米の定温倉庫】





本紙ピックアップ

特定技能/ 「自動車運送業」追加、職場受け入れ年明けか

 政府は、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」など4職種を追加する方針を打ち出した。3月末までに閣議決定し、新年度に関係省令を公布・施行する予定だが、試験制度の創設や実施に向けた準備に加え、特定技能外国人の在留…

国交省/「型式指定申請」不正防止、有識者検討会を今春設置

 国土交通省は、相次ぐ自動車の型式指定申請の不正に対応するため、有識者などで構成する検討会を設置する方針だ。ダイハツ工業(奥平総一郎社長、大阪府池田市)、豊田自動織機が策定する再発防止策を踏まえ、審査の厳格化や、不正の早…

サンインテルネット、首都圏拡充&関西進出

 サンインテルネット(三田竜平社長、横浜市西区)は、人口が集中する大消費地での生活必需品物流を拡大するため3年以内に首都圏で拠点を増やし、供給体制を強化する。また、EC(電子商取引)物流の拡充に向け、関西圏にも進出する。…

ネスレ日本、中距離帯で鉄道輸送

 ネスレ日本(深谷龍彦社長、神戸市中央区)は日本貨物鉄道(JR貨物)と連携し、静岡県―大阪府での商品の定期貨物鉄道輸送に取り組んでいる。輸送規模は1日200㌧で、両社によると、この規模の中距離帯での定期貨物鉄道輸送は食品…

オススメ記事

特定技能/ 「自動車運送業」追加、職場受け入れ年明けか

 政府は、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」など4職種を追加する方針を打ち出した。3月末までに閣議決定し、新年度に関係省令を公布・施行する予定だが、試験制度の創設や実施に向けた準備に加え、特定技能外国人の在留…

国交省/「型式指定申請」不正防止、有識者検討会を今春設置

 国土交通省は、相次ぐ自動車の型式指定申請の不正に対応するため、有識者などで構成する検討会を設置する方針だ。ダイハツ工業(奥平総一郎社長、大阪府池田市)、豊田自動織機が策定する再発防止策を踏まえ、審査の厳格化や、不正の早…

サンインテルネット、首都圏拡充&関西進出

 サンインテルネット(三田竜平社長、横浜市西区)は、人口が集中する大消費地での生活必需品物流を拡大するため3年以内に首都圏で拠点を増やし、供給体制を強化する。また、EC(電子商取引)物流の拡充に向け、関西圏にも進出する。…

ネスレ日本、中距離帯で鉄道輸送

 ネスレ日本(深谷龍彦社長、神戸市中央区)は日本貨物鉄道(JR貨物)と連携し、静岡県―大阪府での商品の定期貨物鉄道輸送に取り組んでいる。輸送規模は1日200㌧で、両社によると、この規模の中距離帯での定期貨物鉄道輸送は食品…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap