物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

日通・JTB・三越伊勢丹、インバウンドを支援 アジア向け合弁設立

物流企業

2016/10/20 0:00

 日本通運、ジェイティービー(JTB)、三越伊勢丹ホールディングスの3社は17日、日本企業のインバウンドビジネス、海外事業展開、更に自治体の地方創生を目的としたアジア向けマーケティング事業などを行う合弁会社「ファンジャパンコミュニケ―ションズ」(FJC)を設立した、と発表した。また、新会社FJCは日本航空と業務提携する。日通は海外ネットワークを活用した現地情報の収集、国際物流サービスの提供などを担っていく。(高木明)  同日、日通の渡辺健二社長、JTBの高橋広行社長、三越伊勢丹HDの大西洋社長らが記者会見に臨み、新会社設立の経緯や今後の事業展開などを明らかにした。新会社の資本金が10億円で、出資比率はJTB50%、日通40%、三越伊勢丹HD10%。日航は業務提携を通し、新会社の運営に全面協力。社長兼CEO(高経営責任者)には、JTBの訪日インバウンドビジネス推進担当マネジャーの藤井大輔氏が就いた。   新会社は、日通が14年2月から運用しているアジア向け情報サイト「Fun!Japan」を引き継ぎ、管理・運営。当面、インドネシア、タイ、マレーシア向けに「日本の素晴らしさを世界に発信していく」(藤井氏)が、引き続き、フィリピン、ベトナムにも拡大。現行のSNSファン数330万人を1千万人に拡大する。  4社によると、訪日旅行者の増加が続く中、企業や自治体ではインバウンドビジネスや海外事業展開を進める上で、海外消費者との「接点拡大」や「関係構築」などが共通の課題になっている。このため、旅行業・物流・商流などの異業種がアライアンスを組み、提供する情報価値を高めることで、現地消費者及び企業、自治体などの様々な「需要」に応じていく。  日通の渡辺氏は「当社はロジスティクスの観点から各種のソリューションを提供するが、より多くの企業や自治体に活用してもらえるはずだ」と強調。また、JTBの高橋氏は「訪日客は増えているが、現地消費者との接点や交流が無い。新会社は我が国の人流・商流・物流を代表する企業の力を結集したもので、価値ある情報の発信に全力を尽くす」と語った。 【写真=会見で、握手する日通の渡辺社長(左から2番目)ら】





オススメ記事

パスコロジ、茨城で中継輸送拡大

 パスコ・ロジスティクス(神保昌明社長、神奈川県海老名市)は、千葉県野田市の工場から茨城県向けのパン配送で行っている中継輸送のエリアを20日から拡大。これまでの茨城県北部に加え、県南東部の鹿行地域向けも中継輸送化する。ド…

JL連合会、ヒューマンネット活性化

 日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会(JL連合会、迫慎二会長)は14日、総会を開き、事業計画など5議案を承認した。「2024年問題」に直面する年度に入り、人手不足や物価高騰など様々な課題を抱える中、本部・地域…

コクヨサプライロジ、ピックロボ稼働

 コクヨグループの文房具、事務用品の物流を手掛けるコクヨサプライロジスティクス(若林智樹社長、大阪市東成区)は15日、カウネット福岡物流センター(福岡県粕屋町)で、ピッキングを補助するロボットを本格稼働させた。バラ出荷工…

北陸地整局、新潟東港で貨物輸送実証

 北陸地方整備局は14日、黒山駅分岐新潟東港専用線(旧新潟臨海鉄道)の旧藤寄駅で、新潟港に近接する臨港鉄道を活用した海上コンテナの輸送実証を行った。「2024年問題」の影響を踏まえ、港湾周辺の脱炭素化を図るカーボンニュー…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap