物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

四日市運送、B―1グランプリ参加 人的ネット「広がった」

物流企業

2016/10/17 0:00

 【福井】四日市運送(樋口博也社長、三重県鈴鹿市)は9月24、25の両日、福井県坂井市で開催された「東海・北陸B―1グランプリ」に参加し、四日市市の名物料理「四日市とんてき」をトラック輸送でサポートした。樋口社長は「人的ネットワークが大きく広がった。東日本大震災の被災地支援活動にも生かしたい」と話した。  飲食店などが加盟している四日市とんてき協会(小林慶太郎会長)の依頼を受け、調理器具、食材、マスコットキャラクターの「テキブー」などを会場まで4トントラックで輸送。2千食分の豚肉は冷凍し、発泡スチロールのケースに詰めて運んだ。  来場者は2日間で10万人を超え、とんてきのブースも家族連れなどでにぎわった。用意した2千食は全て完売し、マスコットのテキブーも子供たちの人気を集めた。来場者の投票による最終結果は1位「津ぎょうざ」、2位「松阪鶏焼き肉」と、同じ三重県勢が上位を占めたが、「四日市とんてき」は残念ながら入賞を逃した。  樋口氏は「とんてきは味が濃いため、ご飯のおかず向き。歩きながら気軽に食べられるメニューの方が受けたようだ。残念だったが、12月に東京で行われる全国大会で、我が社は5千食分を輸送する。巻き返しを図れるよう、バックアップしたい」と意気込む。  B―1グランプリでのサポートは、仕事にプラス効果を生んでいる。四日市とんてき協会のイベント用品などを、10月から本社センター2階の倉庫で保管することになった樋口氏は「大きな仕事ではないが、倉庫の空きスペースを有効活用できる。また、グランプリに参加し、他の出品者やボランティアとも知り合いになれた。この関係を大事にしたい」と強調。  四日市運送は、東日本大震災の発生直後から支援活動を行い、これまで43回のボランティア物資輸送を実施。「あすなろ応援便」として9月7日、東京都千代田区の中央合同庁舎で松本純防災担当相から表彰状を授与された。  樋口氏は「物資提供者やボランティアの代わりとして、表彰状を受け取ってきた。B―1グランプリにも多くのボランティアが関わっており、コラボレーションで何かやりたい。節目となる50回目の支援輸送では、とんてき、津ぎょうざ、松阪鶏焼き肉などのコーナーを設け、被災地の人々に楽しんでもらおうと考えている」と話す。(星野誠) 【写真=家族連れでにぎわう「四日市とんてき」のブース】





本紙ピックアップ

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

オススメ記事

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap