物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

三豊運送、新施設が稼働 ターミナル規模2倍

物流企業

2016/09/29 0:00

 【香川】三豊運送(田中正治社長、香川県観音寺市)が建設していた観音寺国道営業所(同市)の新しい事務所と特別積合せターミナルが完成し、12日から稼働した。ターミナルは旧営業所の2倍の規模となり、処理能力が飛躍的に向上した。(江藤和博)  これまで県内外の営業所は更地を確保し、建物を新築してきたが、三十数年前に購入した旧観音寺国道営業所は老朽化が進んでいた。燃料価格の安定に伴い、同社では、3年連続で賃上げを実施しており、観音寺国道営業所も建て替えて、職場環境改善や業務効率化を図ることにした。総工費は2億円弱。  同営業所は5年前、隣接する被服工場(敷地面積2800平方メートル)を購入し、倉庫として活用。また、2014年には990平方メートルの土地も買い増し、総敷地面積は1万3200平方メートルに拡大していた。  新事務所は2階建てで、女性専用トイレや休憩室、会議室などを完備。ホームから直接、事務所に出入りできる通路も整備して作業性をアップさせた。  敷地内には古い建物がまだ2棟残っており、うち1棟は取り壊し、もう1棟を拡張して倉庫として使っていく予定。  10日には管理職や社員を集めて落成祝賀会を開催した。田中社長は「老朽化した施設で社員には長い間苦労を掛けた。リニューアルにより皆が喜んでくれている」と話しており、輸送品質を更に高めていく方針だ。 【写真=ホームから直接、事務所に出入りできる通路も整備】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap