物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

岩ト協一関支部、反射リストバンド寄贈 高齢者 交通安全に活用

団体

2016/09/22 0:00

 【岩手】岩手県トラック協会の一関支部(小野寺正太郎支部長)は14日、秋の全国交通安全運動に合わせ、一関と千厩(せんまや)の両警察署にカラー反射リストバンドを寄贈した。  寄贈式で、小野寺支部長、阿部祐二副支部長、三浦康治・交通環境対策副委員長が、川原満(一ノ関)、山崎幸弘(千厩)の両交通課長に、交通安全の願いを込めて千枚ずつ手渡した。  ワンタッチで腕に巻き付けられるタイプのカラフルな模様のリストバンドで、暗い夜道でも車のライトに反射して、歩行者の存在を知らせることが可能。警察側は、高齢者交通安全教室や各家庭の訪問時にリストバンドを配布し、安全意識の徹底を呼び掛けていく予定だ。  小野寺氏が「高齢者の交通事故防止は、我々、運送事業者にとっても大きな課題であり、力を入れて取り組まなければならない。このリストバンドを有効に活用していただければ幸い」とあいさつ。  これを受け、山崎氏は「一関支部には、自らの事故防止対策のみならず、地域活動にも多大なる支援を頂いており、深く感謝している。配布時に使い方を説明し、効果が得られるようにしたい」と謝辞を述べた。  また、川原氏は「これからは日没が下校や仕事帰りの時間と重なる時期になり、事故が増える。一件でも減らすため、努力していきたい」と気を引き締めた。(今松大) 【写真=リストバンドを腕に巻きポーズを取る小野寺支部長(中央)ら】





Share via
Copy link
Powered by Social Snap