物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

南信貨物自動車、チーム戦でリフトコン 自ら考え動く姿勢養う

物流企業

2016/09/22 0:00

 【長野】南信貨物自動車(丸山光彦社長、長野県松本市)は11日、フォークリフトコンテストを開催した。運転者が意識的に危険発見に努め、回避策や対処方法を探る趣旨で実施。これに伴い、競技の方式をチーム戦に変更した。初の取り組みにもかかわらず、互いに知恵を出し合い、工夫を凝らす姿が多く見られた。マニュアルを忠実に実践するだけではカバーできない問題が起こった際、自ら考え、行動する姿勢を養うのが狙い。(河野元)  輸出入関係を中心に近年はパレットが多様化し、取り扱いに苦慮していることから競技を見直した。破損や落下といった荷物事故に加え、他社の運転者が操作するリフトに絡む労働災害も発生した事態を、重く受け止めた。  個々の技量を測る従来型のコンテストと異なり、4人1チームで話し合いながら競技に臨む。それぞれリーダー、運転者、書記、補助に役割を分担。危険要因を早めに見つけ、その芽を潰す、または避けるための思考や技術を競った。  所属部署同士の対抗戦ではなく、くじ引きでチームを編成。県外拠点からの出場者もいるため、メンバーが初対面のケースも少なくなかったが、同じ課題に臨み、解決策を模索する中で徐々に協調が生まれ、連携も深まった。  参加した5チームは、実技も交えて検討結果を披露。管理者らが審査し、順位を付けた。今回はリオデジャネイロ五輪にちなみ、優勝チームに金、2位が銀、3位には銅のメダルを贈った。併せて洗車講習も行い、融雪剤として散布される塩化カルシウムの落とし方などを指南した。 【写真=実技を交えて検討結果を披露】





本紙ピックアップ

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

オススメ記事

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap